海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(不動産)

2017.05.26 NEW
バンコク東部バンナー・オンヌット地区の地価上昇、年15~20%

タイの住宅開発会社リアルアセット・デベロップメントは、バンコク東部のバンナー・オンヌット地区の地価が年15~20%のペースで上昇しているとの試算を明らかにした。首都圏鉄道の整備が進んでいることやスワンナプーム国際空港へのアクセスに便利なこと...[記事全文]

2017.05.26 NEW
トンブリ病院が高齢者住宅を開発へ、バンコク首都圏で最大

私立病院チェーンを運営するタイのトンブリ・ヘルスケア・グループは25日、バンコク北郊パトゥムタニ県ランシットで高齢者向け複合住宅「ジン・ウェルビーイング・カウンティー」を開発すると発表した。投資総額は100億バーツ(約327億円)超で、バン...[記事全文]

2017.05.25 NEW
シンガポールで高級コンドの需要拡大、16年は70%増

英系不動産仲介大手サヴィルズ・シンガポールによると、2016年に1,000万Sドル(約8億400万円)以上のコンドミニアムの販売戸数が36戸となり、15年の21戸から約70%増加した。また、今年についても4月末時点ですでに16戸が成約してお...[記事全文]

2017.05.23
タイ不動産開発のMBK、バンコク北郊に新モール開発へ

タイで不動産開発や商業施設運営を手掛けるMBKは、年内にバンコク北郊パトゥムタニ県で小規模モール(コミュニティーモール)の建設を開始することを明らかにした。投資額は10億バーツ(約32億4,000万円)で、傘下企業がパトゥムタニに開発した一...[記事全文]

2017.05.18
ジョホールバル中心部の国際ビジネス地区に連絡橋を整備へ

マレーシア・ジョホール州ジョホールバル中心部に建設されるイブラヒム国際ビジネス地区(IIBD)内に2億5,000万リンギ(約65億円)を投じ、連絡橋や歩道橋が整備されることとなった。 一連の整備事業に含まれるプルサダ連絡橋は、公共交通...[記事全文]

2017.05.18
バンコク首都圏の地価上昇率、17年も前年並みの4%を予測

タイの不動産コンサルタント、エージェンシー・フォー・リアルエステート・アフェアーズ(AREA)は、今年のバンコク首都圏の地価上昇率が前年並みの4%になるとの予測を示した。 昨年末時点で最も地価が高かったのはバンコク中心部の商業地区「サ...[記事全文]

2017.05.17
タイの車部品大手サミット、シラチャにスポーツ複合施設を開発へ

タイの自動車部品大手タイ・サミット・グループは、東部チョンブリ県シラチャーに大規模なスポーツコンプレックスを開発する計画を明らかにした。政府の「東部経済回廊(EEC)」構想で東部一帯のスポーツ施設への需要が高まるとみており、子会社のパタナ・...[記事全文]

2017.05.16
フィリピン不動産大手DMCI、初のオフィスビル事業を計画

フィリピンの大手財閥コンスンジ系DMCIホールディングスの不動産部門DMCIホームズは、マニラ首都圏マカティ市に高級コンドミニアムとオフィスビルの計2棟を建設する。同社がオフィスビル事業を手掛けるのは初めて。建設場所は、マカティ市パソンタモ...[記事全文]

2017.05.12
米ホテル大手ハイアット、シンガポールで「アンダーズ」開業へ

米ホテル大手ハイアット・ホテルズ&リゾーツは、9月にもシンガポール中心部ブギスで「アンダーズ」ブランドの5つ星ホテルを開業する。アンダーズホテルは2007年に英ロンドンで誕生し、現在は世界16ヵ国で展開。日本では2014年に東京の虎ノ門ヒル...[記事全文]

2017.05.10
比不動産大手アヤラ、販売・賃貸とも好調で2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2017年第1四半期(1~3月)の決算は、売上高が前年同期比17%増の316億4,000万ペソ(約718億円)、純利益が18%増の55億6,000万ペソだった。 売上高の内訳...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索