海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(不動産)

2017.02.23 NEW
オアフ島内の高級物件売買が好調、1月は倍増

米大手不動産会社コールドウェル・バンカー・パシフィック・プロパティーズの調査によると、1月にオアフ島内で売買が行われた150万ドル以上の高級物件の戸数が、前年同月比106%増の35戸となった。 35戸の内訳は、150万ドル~190万ド...[記事全文]

2017.02.23 NEW
1月の米中古住宅販売件数、10年ぶりの高水準

全米不動産協会(NAR)が22日に発表した1月の中古住宅販売件数は、季節調整済みの年率換算で前月比3.3%増の569万戸となり、2007年2月以来の高水準となった。全米4地域のうち3地域で増加しており、西部で6.6%増、南部では3.6%増な...[記事全文]

2017.02.22 NEW
フィリピン不動産大手SMプライム、16年は2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手SMプライム・ホールディングスが21日発表した2016年通期の連結決算は、売上高が前年比12%増の798億ペソ(約1,791億円)、経常利益が同14%増の238億ペソとなった。モール部門や住宅部門など主力事業が好調...[記事全文]

2017.02.17
比不動産大手アヤラ、販売・賃貸共に好調で2桁の増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2016年通期決算は、売上高が前年比16%増の1,246億ペソ(約2,836億円)、純利益が同19%増の209億ペソとなった。複合開発による住宅やオフィスの販売、賃貸が共に堅調に推...[記事全文]

2017.02.16
マニラ首都圏のオフィス賃料、今年はオンラインカジノの増加で7%超上昇も

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナルによると、IT・ビジネス・プロセス・マネジメント(BPM)企業に加え、昨年第4四半期(10~12月)からオンライン・カジノ運営会社による需要が急増。オンライン・カジノ運営会社は高額の賃料を...[記事全文]

2017.02.16
バンコクのオフィス賃料、今年は5~10%の上昇を予測

米系不動産仲介大手のCBREタイランドは15日、タイの首都バンコクのオフィス賃料が今年は5~10%上昇するとの見通しを明らかにした。今後3年間の新規供給は今年をピークに減速し、需給バランスを保つと見込んでいる。 同社がまとめた昨年のグ...[記事全文]

2017.02.15
マニラ首都圏のコンドミニアム販売、16年は25%増

米系不動産サービス大手のコリアーズ・インターナショナル・フィリピンによると、2016年のマニラ首都圏のコンドミニアムの販売戸数は、国民所得の拡大や低金利に支えられ、前年比25%増の約3万8,800戸に拡大した。 販売の好調を受けて価格...[記事全文]

2017.02.15
ダバオの高級コンド「ドゥシタニ・レジデンス」、18年Q2に完成へ

フィリピンの不動産開発会社トッレ・ロレンツォ・デベロップメント(TLDC)は、ミンダナオ地方ダバオ市で建設する高級コンドミニアム「ドゥシタニ・レジデンス」の完成時期が2018年第2四半期(4~6月)になると明らかにした。 同物件は、T...[記事全文]

2017.02.15
サンウェイ、KL市内で「ヴェロシティ・ツー」を開発へ

マレーシアの不動産開発大手サンウェイ・グループ傘下のサンウェイ・プロパティーは14日、先ごろ取得したクアラルンプール市内チェラス地区の土地で、新たに「サンウェイ・ヴェロシティー・ツー」を開発すると発表した。 同開発用地の向かい側には、昨年...[記事全文]

2017.02.14
シンガポールの複合開発「マリーナ・ワン」、オフィスビルの引き合い堅調

シンガポール湾岸部マリーナ・ベイ地区で進められている複合開発プロジェクト「マリーナ・ワン」で、今年上半期(1~6月)中の完成が予定されている2棟の高級オフィスビル(Aグレード)の引き合いが堅調で、すでに賃貸スペースの6割近くが契約済みという...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索