海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(不動産)

2017.11.21 NEW
大和ハウスのジョホール州事業、最高アワード受賞

マレーシアの不動産開発大手サンウェイ・グループ傘下のサンウェイ・プロパティーは20日、ジョホール州で大和ハウス工業と取り組む住宅事業「サクラ・レジデンス」が大手不動産情報サイト「アイ・プロパティー」のベスト・インターナショナル・デベロップメ...[記事全文]

2017.11.17
アンダーズホテルがシンガポールに開業、東南アジア初

米ホテル大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは15日、シンガポールにアンダーズホテルを開業したと発表した。同ブランドのホテルは東南アジアで初めて。中心部ブギスの2棟から成る39階建ての複合施設「デュオ」の1棟のうち17フロアを使用し、...[記事全文]

2017.11.17
アスコット、カンボジアに初のサービスレジデンスを開業

シンガポール政府系不動産開発会社キャピタランド傘下のサービスアパート運営大手アスコットは、カンボジアの首都プノンペンのダイヤモンド島に、サービスレジデンス「CASAメリディアン・レジデンス」を開業した。同社がカンボジアで物件を運営するのは初...[記事全文]

2017.11.16
比財閥系JGサミット、セブで大型複合開発を計画

セブ市のオスメーニャ市長は、財閥ゴコンウェイ・グループの持ち株会社JGサミット・ホールディングスが、南部の埋め立て地「サウス・ロード・プロパティーズ(SRP)」での複合開発事業を市政府に打診していると明らかにした。事業費は180億ペソ(約3...[記事全文]

2017.11.15
タイ不動産開発のオリジン、プロンポンに複合施設を開発へ

タイでコンドミニアムなどを開発するオリジン・プロパティーは、バンコク中心部のスクンビット・ソイ24に複合施設「オリジン24」を開発する。高架鉄道(BTS)のプロンポン駅から約500mの場所に、ホテル(80室)、サービスアパート(305戸)、...[記事全文]

2017.11.10
フィリピンの財閥DMCI、1~9月は2桁増益

フィリピンの財閥コンスンジ系DMCIホールディングスが発表した2017年1~9月期の連結決算は、純利益が前年同期比19%増の117億ペソ(約259億円)だった。発電・石炭、不動産、建設、ニッケル採掘が好調だった。 部門別の純利益は、発...[記事全文]

2017.11.10
タイ不動産のエリシアン、バンコク首都圏で別荘用低層コンドを開発へ

タイの不動産開発会社エリシアン・デベロップメントは、バンコク首都圏で1,000ライ(160ヘクタール)規模の住宅開発用地を探していることを明らかにした。東北部ナコンラチャシマ県カオヤイで建設を進めている別荘用低層コンドミニアム「スワンレーク...[記事全文]

2017.11.09
オアフ島のコンドミニアム売買件数、10月は14%増加

ホノルル不動産協会(HBR)によると、10月のオアフ島におけるコンドミニアムの売買件数は、前年同月比14.3%増の489件となった。また、中間販売価格は同0.4%増の39万7,500ドル(約4,530万円)だった。一方、一戸建て住宅は売買件...[記事全文]

2017.11.09
比不動産大手3社は増収増益、賃貸・販売ともに好調

フィリピンの不動産大手3社の1~9月期決算が出そろい、各社ともに不動産開発、商業施設の賃貸など主力事業が好調なことが示された。最大手のアヤラ・ランド(ALI)は、売上高が前年同期比16%増の989億ペソ、純利益が18%増の178億ペソだった...[記事全文]

2017.11.09
1~9月の商業不動産投資、都市別でシンガポールが世界6位

不動産仲介大手の米ジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)によると、1~9月期のシンガポールの商業用不動産投資額は93億ドル(約1兆1,160億円)となり、都市別で世界6位だった。 1位は英ロンドンで260億ドル、2位は米ロサンゼルスで...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索