海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(生活)

2017.07.19
ホノルルで道路横断中の歩きスマホを違法化へ

ハワイのホノルル議会は12日、道路横断中の「歩きスマホ」を違法とする法案を可決した。今後はホノルル市長のカーク・コールドウェル氏による承認を経た上で、2017年10月にも施行される見通し。これにより、違反者にはその回数に応じて15ドル(約2...[記事全文]

2017.07.18
シャトレーゼ、バンコク伊勢丹にタイ1号店を開業

菓子メーカーのシャトレーゼは14日、タイの首都バンコクの商業施設「バンコク伊勢丹」内に同国1号店を開店した。海外出店は8ヶ国・地域目。経済成長が続くアジアを中心に海外事業を拡大する。 バンコク伊勢丹の5階に開設した「シャトレーゼ・イセ...[記事全文]

2017.07.07
ルミネの海外1号店、クラークキーに11月出店

JR東日本グループの商業施設運営会社ルミネは6日、シンガポールに海外1号店として「ルミネシンガポール」を11月にオープンすると発表した。出店場所は、中心部クラーク・キーの商業施設「セントラル」の2階を計画している。 働く女性をターゲッ...[記事全文]

2017.07.06
ドンキホーテの東南アジア1号店、オーチャードセントラル内に開業へ

総合ディスカウントストア「ドン・キホーテ」を運営するドンキホーテホールディングスは5日、シンガポールの繁華街オーチャードにある商業施設「オーチャード・セントラル」に今冬、東南アジア1号店を開業すると発表した。海外進出は米国に続いて2ヶ国目と...[記事全文]

2017.07.04
ラーメン「麺屋一燈」、タイ1号店をバンコクに開業へ

ラーメン店「麺屋一燈」を展開する夢をかなえるは、バンコクの高級ホテル「グランド・ハイアット・エラワン・バンコク」のLGフロアに、麺屋一燈のタイ1号店を今月5日グランドオープンすると発表した。メニューは日本の本店と同じ、鳥ベースのつけ麺、ラー...[記事全文]

2017.07.03
グンゼ、プノンペンにスポーツクラブを開業

肌着メーカーのグンゼは6月30日、カンボジアの首都プノンペンのアティナ地区にスポーツクラブ「グンゼスポーツジャパン・アティナ」を開業したと発表した。同社にとって初の海外店舗で、カンボジア国内に外資のスポーツクラブが開くのも初となる。 ...[記事全文]

2017.06.28
オアフ島に自転車シェアリングが導入、28日スタート

オアフ島のダウンタウンからダイヤモンドヘッド周辺までのエリアで、「自転車シェアリングプログラム・ビギ」が6月28日にスタートする。同プログラムの導入により、今まで自転車がないと行けなかった場所にある店舗やレストランの利用者が増加すると期待さ...[記事全文]

2017.06.23
比大手財閥アヤラと三菱商事、マカティの商業施設屋上に日本エリア開設へ

フィリピンの大手財閥アヤラグループと三菱商事は、マニラ首都圏マカティ市の大型商業施設「グロリエッタ」の屋上に、日本をテーマにした商業エリアを年内にも開設する。拡大する日本人気を取り込みたい考えで、屋台や飲食店、アニメ関連商品などを扱う「クー...[記事全文]

2017.06.21
三井不動産がららぽーとKLの開発に着工、21年開業目指す

三井不動産は20日、東南アジアで初めてとなる同社ブランドの商業施設「三井ショッピングパーク・ららぽーとクアラルンプール(仮称)」をクアラルンプールのプドゥ刑務所跡地再開発プロジェクト「ブキビンタン・シティーセンター(BBCC)」で着工した。...[記事全文]

2017.06.20
セブンイレブン、フィリピンで年内に2400店体制へ

コンビニエンスストアの「セブンイレブン」を展開するフィリピン・セブン(PSC)は、年内に400店舗を新規出店し、さらなる増収と市場シェア拡大を狙う方針を明らかにした。これにより店舗数は2,400店超となる見通し。新規店舗の半数以上は、ビサヤ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索