海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

フィリピン ユニバーシティ ホーム レクト( University Home Recto )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2025年完成予定)
国/エリア フィリピン / マニラ市
開発会社 Summithome Realty Corporation
所在地 San Sebastian St., Quiapo, Manila
基本情報 総戸数684戸 (32階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 4Bed 941万円 (4,398,240PHP) 21㎡ お気に入りに追加
タイプB 8Bed 1,493万円 (6,977,600PHP) 35㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、病院近い、プール、ジム、家具付、Wi-Fi、ゲームルーム、セキュリティゲート、先行販売、ラウンジなど
コメント

「University Home Recto(ユニバーシティ・ホーム・レクト)」は、スペイン統治時代の歴史的な建造物が残るフィリピンの首都「マニラ市」において、国内屈指の名門私立大学を含む20校以上の大学を徒歩圏内に収め、学生から長期に渡って安定した賃貸需要が期待できる学術エリアの好ロケーションに、2025年誕生予定、32階建て、全684戸の学生向けドミトリー物件(学生寮)です。


本物件は、ひとつのユニットを複数人の学生でシェアして生活するドミトリー物件であり、学生にとっては設備に恵まれた学校近くの住居に低コストで住める一方、投資家にとっては通常賃貸時よりも1ユニット当たりの賃料収入を拡大でき、高い賃貸利回りを期待できるため大変魅力があります。また、物件全体の稼働率に応じてリターンが決まる収益分配方式となるため、ご自身が保有するユニットの稼働状況に依存せずに、空室リスクを抑えながら安定的なリターンを得ることができます。


本物件と同じ開発業者が手掛け、関連会社が既に保有・運営している同じ学術エリアのドミトリー2件は、平均入居率が95%以上(19年7月時点)と優れたトラックレコードを誇るなど、学生寮業界のベンチマーク的なプロジェクトになっています。確かな実績に裏付けられた運営ノウハウは投資家・学生の双方にとって安心材料であり、本物件も同様に高い稼働率を実現することが予想されます。


ユニバーシティ・ホーム・レクトには大きく分けて2種類の間取りタイプがあり、ひとつはワンルームの部屋にベッドや学習机、キャビネットで構成されるパーソナルスペース(学生ごとに割当)を4つ備えた、定員4名のユニット。もうひとつは、共有のリビング・ダイニングルームを起点に二部屋に分岐し、それぞれの部屋に2つの二段ベッドと4つのキャビネットを配した、定員8名のユニットとなります。


どちらのユニットもベッドやキャビネット、学習机のほか、エアコン、テレビ、パントリーといった最低限必要な家具・家電が付随するため、完成後は余計な手間やコストをかけず、速やかに運用を開始することができます。また、プール、ジム、ゲームルーム、ラウンジなど、通常のコンドミニアムと遜色のない充実した共有施設が備えられるほか、セキュリティゲートやWi-Fi環境も整備されるなど、学生が快適に生活できる恵まれた住環境が広がっています。


「ユニバーシティ・ベルト」と呼ばれるマニラ首都圏の学術エリアに誕生する本物件は、大手財閥「LTグループ」を率いる大富豪ルシオ・タン氏が理事長を務める有名私立大学「イースト大学」(学生数 約17,000人)まで徒歩約1分と近接。


他にも、1611年に設立されたアジア最古の大学であり、英大学評価機関クアクアレリ・シモンズ発表の世界大学ランキングでフィリピン4位にランクインしている、国内最大級の規模を誇る名門私立大学「サント・トーマス大学」(同 約53,000人)など、直線1km圏内には20校以上の大学が集まり、計18万7,000人を超える学生が在籍しているため、周辺は学生の賃貸ニーズが非常に高く、学生向けドミトリー物件を安定的に稼働させる上で最適なエリアとなっています。


また、車で約8分の場所には、フィリピンの小売り大手SMグループが運営する大型ショッピングモール「SMシティ・マニラ」と「SMシティ・サンラザロ」が立地。さらに、大学が集まる本物件の周辺はたくさんの学生が行き交うことから、国内外の大手外食チェーンが数多く進出し、若者向けのレストランやカフェも充実しています。


加えて、本物件の西側約1~2kmのエリアには、世界最古の中華街とされる「ビノンド地区」が広がっており、商業施設や飲食店、個人商店などが数多く集まるほか、マニラ首都圏最大級の市場「ディビソリア・マーケット」もあるなど、ローカル層にとって利便性に優れた住環境を誇ります。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • 6
  • 7
  • 8
  • (写真06)
  • (写真07)
  • (写真08)