海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

シンガポール ペンローズ( Penrose )

(写真01)
種別 コンドミニアム (2025年完成予定)
国/エリア シンガポール / イーストエリア
開発会社 NovaSims Development Pte. Ltd.(Hong Leong Holdings & City Developments)
所在地 Sims Drive
基本情報 総戸数566戸 (18階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA 2Bed 10,441万円 (1,333,400SGD) 74㎡ お気に入りに追加
タイプB 3Bed 12,113万円 (1,547,000SGD) 90㎡ お気に入りに追加
タイプC 4Bed 16,529万円 (2,111,000SGD) 129㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 学校近い、病院近い、プール、ジム、スパ、ヨガスペース、テニスコート、BBQエリア、展望デッキ、ガーデン、ゲームルーム、クラブハウス、先行販売、キッズアドベンチャーパーク、フィットネスステーション、多目的ルーム、ミュージックルーム、マルチメディアルーム、、芝生エリア、チャイルドケアセンター、スカイダイニングパビリオンなど
コメント

「Penrose(ペンローズ)」は、都心への優れたアクセス性と高い生活利便性を兼ね備え、再開発の進展と共に居住エリアとしての見直しが進んでいる「ゲイラン地区」のシムズ・ドライブ沿いに、2025年に誕生を予定している、18階建て、全566戸の高級コンドミニアム(高級マンション)です。


本物件の開発は、マレーシアを本拠とする大手財閥系コングロマリット「ホンリョン・グループ」の不動産部門である「ホンリョン・ホールディングス」と、同グループ子会社でありシンガポール最大級の不動産開発会社でもある「シティ・デベロップメンツ」のジョイントベンチャー事業として進められます。


本物件からは、MRTイーストウェスト線「アルジュニード駅」まで徒歩約5分と好アクセス。同駅からはビジネス中心地である「ラッフルズ・プレイス駅」や、その補完的な役割を担うエリアとして周辺の再開発が進む「シティ・ホール駅」まで乗り換えなしで20分程度で移動することが可能となっています。


また、車で5分圏内には2019年に開業したMRTパヤ・レバー駅(最寄駅から1駅)直結の大型ショッピングモール「PLQモール」を筆頭に、「パヤ・レバー・スクエア」「キネックス」「シングポスト・センター」など数多くの商業施設が立地。さらに、シンガポール屈指の繁華街「オーチャード」までも車で15分程度でアクセスできるなど、生活利便性に優れたロケーションを誇ります。


加えて、周辺は教育機関が比較的多いエリアとなっており、目の前に2020年1月に移転開校したばかりの「ネクサス・インターナショナルスクール」があるほか、現地で評判の良い「ゲイラン・メソジスト小中学校」「セント・マーガレット小学校」なども徒歩圏内に収めます。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)
  • 6
  • 7
  • 8
  • (写真06)
  • (写真07)
  • (写真08)