海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

売買物件[物件詳細情報]

ベトナム ウィンダム タン トゥイ( Wyndham Thanh Thuy Hotels & Resorts )

(写真01)
種別 コンドテル (2022年第1四半期完成予定)
国/エリア ベトナム / ハノイ
開発会社 Onsen Fuji Travel
所在地 Bảo Yên, Thanh Thủy, Phú Thọ
基本情報 総戸数2100戸 (地上30階建て)
タイプ 間取り 参考価格 専有面積 お気に入りに追加
タイプA Studio 758万円 (1,684,800,000VND) 32㎡ お気に入りに追加
タイプB 1Bed 998万円 (2,218,840,000VND) 43㎡ お気に入りに追加
タイプC 2Bed 1,482万円 (3,292,660,000VND) 57㎡ お気に入りに追加

※ユニット価格は階数、諸条件などにより上下します。詳細はお問い合わせください。


設備・条件 プール、ジム、スパ、ジャグジー、プレイグラウンド、家具付、ヨガスペース、BBQエリア、サウナ、展望デッキ、スカイバー、ガーデン、図書室、コンビニ、カフェテリア、ゲームルーム、利回り保証、先行販売、温泉、東洋・西洋医学クリニック、鍼治療、オイルマッサージ、介護エリア、ダンスホール、ウォーターパーク、ファミリーシネマ、カラオケ、美術館、子供用プレイエリア(LEGOWORLD)、ナイトマーケット、マリーナ、天文台など
コメント

「Wyndham Thanh Thuy Hotels & Resorts(ウィンダム・タン・トゥイ・ホテルズ&リゾーツ)」は、ベトナムの首都ハノイ市近郊の温泉地「フート省」の川沿いエリアに、2022年第2四半期に誕生を予定している、2棟構成、地上30階建て、全2100室からなる、ベトナム初の5つ星高級温泉リゾートホテル(コンドテル)です。

本物件最大の特色は、「10年間・10%の利回り保証」という大変魅力的なパッケージが付帯する点です。収益は年2回に分けて振り込まれ、日本でお持ちの銀行口座で受け取ることも可能で、物件オーナーは長期に渡り安定的なリターンを享受することができます。また、購入者特典として「ウィンダム・タン・トゥイ」への無料宿泊権(年間30日)も提供されます。

さらに、各ユニットにはホテル敷地内の地下100mにある源泉から汲み上げられた「個室温泉」が設置。泉質は日本の有名温泉地にも多く、療養泉として特にリウマチや創傷に効果があるとされる「カルシウム硫酸塩泉」となります。

本リゾートの開発は、ハノイ証券取引所に上場する大手不動産投資会社「APEC Investment(エイペック・インベストメント)」が新設したリゾート投資開発会社「Onsen Fuji Travel(オンセン・フジ・トラベル)」が事業主となって推進。建設は、ベトナム最高層ビル「ランドマーク81」を手掛けた国内最大手の建設会社「Coteccons Construction(コテコンズ建設)」が行います。

また、運営は世界約80ヵ国で8,000超のホテルを運営する米大手ホテルグループ「Wyndham Hotels & Resorts(ウィンダム・ホテルズ&リゾーツ)」が担当。ウィンダムは運営ホテル数で世界1位、ホテル客室数でもトップ5に入る、世界有数のホテルグループです。各ユニットはウィンダム基準で選定された内装・家具付で提供されるため、完成後は余計な手間やコストをかけずに運用を開始できます。 

16ヘクタールに及ぶ広大な敷地に誕生するリゾート内には、高級ホテルや国際会議場、ウォーターパーク、ナイトマーケット、多国籍レストラン、スカイバー、ファミリーシネマ、マリーナなど、様々な施設を設置。また、”美容と健康”をコンセプトとしているため、温泉、ジャグジー、スパ、韓国式サウナ「チムジルバン」、東洋・西洋医学クリニック、フィットネスジムなど、ヘルスケア施設も充実したものとなる予定です。加えて、将来的にカジノを誘致することも計画しています。

本リゾートは、ハノイ市中心部から車で約1時間、ハノイの空の玄関口「ノイバイ国際空港」からも1時間半程度とアクセス良好。「バヴィ国立公園」や「ダー川」など、雄大な自然に囲まれながら、癒しとくつろぎの時間を過ごすことができます。

世界的に健康への関心が高まる中、旅先で温泉やスパ、フィットネス、健康食などを通じて心体のリフレッシュを図る「ウェルネス・ツーリズム」が、新たな旅行スタイルとして定着。グローバル・ウェルネス・インスティテュート(GWI)によると、2017年のウェルネス・ツーリズム観光客は15年比20%増の8.3億人に上り、観光収入も6,390億ドル(約70兆円)と観光市場全体の約17%にまで拡大しています。

GWIは、2022年に世界のウェルネス・ツーリズム観光客が12億人に達し、観光収入も年平均7.5%増の9,190億ドルに拡大すると予測。中でも、アジア・太平洋地域における観光収入は地域別で最高となる年平均13%の成長を記録し、2022年に2,516億ドルにまで拡大すると見ています。

ベトナムでも2015~17年でウェルネス・ツーリズム観光客数が年平均22.8%成長し、東南アジア地域ではタイに次ぐ961万人に増加するなど成長分野と見込まれており、本リゾートにも国内外から多くの観光客が訪れることが期待されます。

  • (写真02)
  • (写真03)
  • (写真04)
  • (写真05)