海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

【シンガポール不動産】物件購入の流れ

シンガポール不動産を購入するにあたっての、基本的な手続きの流れをご紹介します。シンガポール不動産の購入をご検討されている方は、是非参考にしてください。

1.購入申し込み、手付金の支払

購入決定後、買主は売主・デベロッパーに対して、売買契約書を締結することができる購入権(Option to Purchase)にサインし、小切手等で手付金(物件購入価格の5%)を支払います。売主・デベロッパーは、買主からの購入権を承諾後、2週間以内に売買契約書を作成します。また、買主はこの間、住宅ローンの申込手続きや、弁護士を任命します。

中古物件の場合、通常、買主は気に入った物件について、購入申込書となる「Offer to Purchase」 という書類を作成して売主に提示し、手付金(物件購入価格の1%)を支払います。手付金の受領後、売主は購入権利証となる「Option to Purchase」を買主に提出します。買主は契約条件に満足した場合、購入権の有効期間となる2週間以内に住宅ローンの申込みと弁護士を指定し、「Option to Purchase」にサインして購入権を行使すると共に、物件購入価格の4~9%を支払います。

なお、有効期間である2週間以内に購入権を行使せず、売買契約を締結しないことを決めた場合、手付金の1%は返金されないため、注意が必要です。

2.売買契約書の締結

シンガポールでは通常、売買契約書の作成から3週間以内に、弁護士の面前で売買契約書へのサインを求められます。また、買主は弁護士の案内の下、売買契約書へのサインから2週間以内に、内国歳入庁(IRAS)に印紙税を支払う必要があります。

更に、売買契約書の締結後、購入権にサインしてから8週間以内に、売主・デベロッパーに対して、少なくとも物件購入価格の15%を支払います。これにより、残りの物件代金の支払いを残し、売買物件の購入手続きが終了します。なお、売買契約書にサインせず、物件購入をキャンセルされる場合、手付金として支払った5%の内、25%が売主によって徴収され、買主には75%が返金されます。

中古物件の場合、通常、買主は購入権の行使後、2週間以内に、売買契約書にサインする必要があります。また、買主は購入権の行使から2週間以内に、印紙税を支払う必要もあります。その後、購入権を行使してから8~12週間以内に、売主・買主の双方のサインが入り、売買契約書の締結が完了します。

シンガポール不動産 契約イメージ画像 シンガポール不動産 コンドミニアムのイメージ画像

3.物件代金の支払い

工事の進捗に応じて、段階的に物件代金の残額を売主・デベロッパーに支払います。その後、シンガポール政府による入居許可「Temporary Occupation Permit(TOP)」が発行された時点で、物件購入価格の15%を残して支払が完了します。購入時期がTOPに近い場合、もしくはTOP後の場合、すぐに購入価格の85%の支払いが必要となります。

中古物件の場合、買主は売主に対して、物件代金の残額を売買契約の締結完了の2週間前までに、全額支払う必要があります。

4.完成・引き渡し

TOPの発行に併せて買主に鍵が引き渡されます。また、残りの支払代金15%は、政府の最終検査証明である「Certificate of Fitness or Certificate of Statutory Completion」が発行され、購入物件に欠陥・不備がないことを確認した後に弁護士に支払います。通常、TOP発行から政府の検査証明が発行されるまでに、数ヶ月~半年かかります。なお、弁護士が預かった代金は、通常、購入物件に欠陥・問題がないことが確認された後、1年~1年半後に売主・デベロッパーに支払われます。

シンガポール不動産のお役立ち情報

下記リンク先にて、シンガポール不動産の購入に役立つ情報をご紹介しています。

・シンガポール不動産の魅力

・【シンガポール不動産】購入前に知っておくべき基礎知識

シンガポール不動産の最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。

・シンガポール不動産の最新物件リスト

お問い合わせ用Webフォーム、フリーダイヤル(0120-978-055)、又はE-mailにてお気軽にお問い合わせください。(土日祝を除く毎日10:00~19:00)