海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

【マレーシア不動産】東南アジアで外国人が戸建住宅を購入できる数少ない国

東南アジアでは外国人が土地付の一戸建て住宅を購入することを原則的に禁じている国が多く、コンドミニアムやホテルなどに投資先が限られてしまいがちです。しかし、マレーシアでは外国人であっても合法的に土地付の一戸建て住宅を購入・所有することができます

マレーシアは、国内不動産市場を活性化させるために、2006年12月の法改正によって規制を一段と緩和し、国策で外国人による不動産所有を奨励しています。価格上昇を防ぐため、外国人によるマレーシア不動産購入価格は原則的に最低100万リンギット以上(一部州は異なる)で、購入時には州政府の合意を取得する最低条件等はあるものの、それ以外は非常に透明性が高く、外国人でもマレーシア人と同条件で不動産を購入でき、不動産購入時に住宅ローンを利用する際も、一部現地大手銀行では非居住者の外国人でも物件価格の最大50%のローンを組むことが可能です。

【バンガロー】

日本でいう庭付きの一戸建て住宅は「バンガロー(Bungalow)」と呼ばれており、住宅が他の所有者の住宅に接していない建物です。大きな庭も備えられており、高級バンガローはマレーシアの富裕層が最も憧れる物件タイプです。また、「ディタッチハウス(detached house)」とも呼ばれます。

マレーシア不動産 高級バンガロー写真 マレーシア不動産 高級バンガロー上空写真

【セミ・ディタッチ】

「セミ・ディタッチ(Semi-Detached House)」は2戸の住宅の壁が接している物件(1棟2件の住宅)です。一般的に専用の庭も付いており、マレーシアの富裕層が好む物件として知られています。省略して「セミディー(Semi-D)」と呼ばれることもあります。

マレーシア不動産 セミ・ディタッチ住宅の写真 マレーシア不動産 セミ・ディタッチ住宅が立ち並ぶ様子

【リンクハウス】

「リンクハウス(Link House)」は日本でいうと長屋形式の物件で数戸の住宅がつながっており、端を除いて両隣の住宅と壁が接している物件です。主にマレーシアの中流階級に好まれますが、高級なリンクハウスも少なくありません。「セミ・ディタッチ」より小さくはなりますが、建物の前後に専用の庭が付いているタイプもあります。「テラスハウス(terraced house)」とも呼ばれています。

マレーシア不動産 リンクハウスチの外観写真 マレーシア不動産 リンクハウスが建ち並ぶ様子

マレーシア不動産の購入にあたって

下記リンク先にて、他にもマレーシア不動産の購入に役立つ情報をご紹介しています。

マレーシア不動産の最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。