海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

特別コラム&記事

特別コラム&記事(米国本土)

2016.10.07
【コラム】内藤忍氏/ 海外不動産を国内融資で購入する方法

column-74 海外不動産はキャッシュを使って投資するものというのが今までの常識でしたが、それが非常識になりつつあります。日銀のマイナス金利政策によって運用難が続く金融機関。新しいマーケットの拡大を目指し、海外不動産への融資を始める動きが出てきてい...[記事全文]

2016.09.01
【コラム】内藤忍氏/ 円高で再び脚光を浴びる海外不動産投資

column-71 8月27日に株式会社資産デザイン研究所が主催した第4回世界の資産運用フェアは、過去4回中で最高の来場者数となり、会場はいつもより更に盛り上がって、賑やかなイベントになりました。各社のブースも投資家の皆さまが大量に押し寄せ大賑わい。販...[記事全文]

2016.08.23
【コラム】内藤忍氏/ 国内の金利低下で恩恵を受ける海外不動産投資

column-70 日銀の金融緩和が続き、短期金利から長期金利まで低下しています。この状態は、国内の金融機関の経営に大きなマイナス要因となっています。マイナス金利になっているからと言って預金者に金利の支払いを要求することはできませんから、預金金利はほと...[記事全文]

2016.08.05
【コラム】内藤忍氏/ 不動産投資は世界各国を「水平比較」することが重要

column-69 不動産投資で重要なことは、絶対評価で物件を選ぶのではなく、相対評価で考えることです。利回りが高く、空室になりにくく、売買が簡単で、価格が手ごろな物件というような、投資家にとって絶対的に都合の良い物件は通常存在しません。 利回り...[記事全文]

2016.05.17
【コラム】アメリカの不動産市場が高い流動性と透明性を持つ理由とは?

column-62 アメリカの透明度は世界トップランク アメリカの不動産取引では、必ず売り手と買い手に異なる不動産仲介業者がつきます。そして、買い手と売り手それぞれにとって有利となるような交渉が不動産仲介業者間で行われるため、取り引きのプロセ...[記事全文]

2016.05.12
【コラム】ノンリコースローンとは? 海外不動産投資をする際の注意点

column-61 海外の不動産購入を検討するにあたって、海外の不動産は現金で購入しなければいけないかといえば、そんなことはありません。日本の不動産投資と同じように、現金一括払いでの購入のほか、不動産投資ローンを活用して購入することもできます。では、海...[記事全文]

2016.03.17
【コラム】アメリカ不動産、今投資するなら富裕層に人気のロサンゼルス!

column-38 IMFによれば、2016年における世界全体に占めるアメリカのGDP比率は24.5%。実に一国だけで世界経済のおよそ1/4を占めることになります。これまで世界経済をけん引してきたアメリカですが、今後も当分の間はその地位は揺らがないでし...[記事全文]

2016.03.14
【コラム】内藤忍氏/ 海外不動産投資の魅力は益々高まっていく

column-41 一時期より円高が進み、海外投資に及び腰になっている投資家が増えているようですが、円高が進むということは、外貨投資をこれから始める人にとっては朗報です。 海外不動産投資の場合、投資のリターンは現地の物件価格の動きと為替レートの変...[記事全文]

2016.03.10
【コラム】次の海外投資先を見つける指標?世界の人口増加率ランキング!

column-39 海外投資が人気を呼ぶ理由として、日本国内への投資よりも高い利回りが期待できることが挙げられます。高い利回りを得るためにはより高い成長が期待できる国を探すことが重要です。 経済の成長率は人口の増加率と生産性の上昇率で決ま...[記事全文]

2016.03.07
[寄稿] ZUU online/ 米国の物件を購入するなら覚えておきたい人気エリア

column-37 アメリカへの不動産投資は、日本人のみならず全世界から高い関心を集めており、実際に多くの資金を引き寄せています。ただ、ひと口にアメリカといっても、まずはエリアを絞り込む必要があります。 投資である以上、収益を上げることが...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索