海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2016.05.27
シンガポール初の日本式温浴施設「湯の森温泉&スパ」がオープン

シンガポールで初となる日本式の温浴施設「湯の森温泉&スパ」が26日、シンガポール東部にある総合スポーツ施設「スポーツ・ハブ」にオープンした。タイ人オーナーのジョー・スミス氏と、シンガポールを拠点に東南アジア各国で飲食や美容サービス事業を手掛ける日系企業コマースグループによるジョイントベンチャーで展開されるもので、すでにタイでは運営が行われており、日本文化を疑似体験できる場所として人気を集めている。

湯の森温泉&スパは、スポーツ・ハブ内の商業施設「カラン・ウェーブ・モール」に入居。炭酸泉やジェットバスなど男湯に6風呂、女湯に5風呂のほか、サウナやスチームサウナなども備える。また、軽食を提供するカフェや、休憩エリア、マッサージコーナーも併設するなど、日本の日帰り温浴施設と同様の作りとなっている。

シンガポールには温泉がほぼないため、日本の水処理装置会社ミズプラの技術によって、シンガポールの水から温泉と同様の効果が得られる炭酸泉などを作り出し、施設内で利用する。


関連記事

2018.04.19
米高級スーパー「ホールフーズ」のカカアコ店が5月9日にオープン

米オーガニックスーパー大手「ホールフーズ・マーケット」は5月9日に、ハワイ州オアフ島のカカアコ地区で新店舗をオープンすると発表した。同スーパーの展開は、オアフ島内で4店舗目となる。新店舗は、カカアコ地区で進む大型再開発エリア「ワードビレッジ」内に誕生する高級コンドミニアム「アエオ...[記事全文]

2018.04.17
シンガポールの超高級コンド取引が活発化、海外資本が注目

シンガポールの都市再開発庁(URA)によると、2018年1~4月に1,000万Sドル(約8億1,700万円)超で取引されたコンドミニアムが、前年同期比2倍の20戸となった。海外市場の成長が鈍化する中、近年軟調が続き比較的割安感が出ていたシンガポールの物件購入を狙う海外投資家が増え...[記事全文]

2018.04.16
シンガポールが金融正常化にカジ、6年ぶりの引き締めへ

シンガポール金融通貨庁(MAS)は13日、6年ぶりに金融政策を引き締め方向に変更することを発表した。同日発表された2018年1~3月期の実質GDP成長率が前年同期比4.3%増となるなど、国内経済の堅調な成長が続いていることを政策変更の要因に挙げている。MASは政策金利変更の代わり...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年05月27日