海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2016.05.27
シンガポール初の日本式温浴施設「湯の森温泉&スパ」がオープン

シンガポールで初となる日本式の温浴施設「湯の森温泉&スパ」が26日、シンガポール東部にある総合スポーツ施設「スポーツ・ハブ」にオープンした。タイ人オーナーのジョー・スミス氏と、シンガポールを拠点に東南アジア各国で飲食や美容サービス事業を手掛ける日系企業コマースグループによるジョイントベンチャーで展開されるもので、すでにタイでは運営が行われており、日本文化を疑似体験できる場所として人気を集めている。

湯の森温泉&スパは、スポーツ・ハブ内の商業施設「カラン・ウェーブ・モール」に入居。炭酸泉やジェットバスなど男湯に6風呂、女湯に5風呂のほか、サウナやスチームサウナなども備える。また、軽食を提供するカフェや、休憩エリア、マッサージコーナーも併設するなど、日本の日帰り温浴施設と同様の作りとなっている。

シンガポールには温泉がほぼないため、日本の水処理装置会社ミズプラの技術によって、シンガポールの水から温泉と同様の効果が得られる炭酸泉などを作り出し、施設内で利用する。


関連記事

2017.11.17 NEW
アンダーズホテルがシンガポールに開業、東南アジア初

米ホテル大手ハイアット・ホテルズ・コーポレーションは15日、シンガポールにアンダーズホテルを開業したと発表した。同ブランドのホテルは東南アジアで初めて。中心部ブギスの2棟から成る39階建ての複合施設「デュオ」の1棟のうち17フロアを使用し、客室数は342室。MRT(地下鉄・高架鉄...[記事全文]

2017.11.16 NEW
ライザップ、シンガポール2号店を来春開業へ

トレーニングジム運営のライザップは14日、シンガポール中心部クラーク・キーに、2018年春にも同国2号店を開業する計画を発表した。ライザップは12年に中国・上海に進出。その後シンガポール、台湾、香港にも出店しており、シンガポール1号店は、クラーク・キーの商業施設「セントラル」の1...[記事全文]

2017.11.14
米EMS大手ジェイビル、アジア初のR&D拠点をシンガポールに開設

米EMS(エレクトロニクス機器の受託製造サービス)大手のジェイビルは9日、シンガポールに研究開発(R&D)拠点を開設すると発表した。2020年のフル操業を予定している。ジェイビルは現在、米国2ヵ所、スペイン1ヵ所の計3ヵ所にR&D拠点「ブルースカイ・イノベーションセンター」を持つ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2016年05月27日