海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.01.10
国際バカロレアのDP修了試験成績、シンガポールが7年連続で域内首位

国際バカロレアのディプロマ・プログラム(DP)の修了試験で、シンガポールの受験者の成績が7年連続でアジア太平洋地域で首位になった。また、シンガポールで満点(45点)を獲得したのは57人で、世界全体(94人)に占める割合は61%となり、12年以来トップの座を守り続けている。

DPは16~19歳を対象とし、2年間のカリキュラム履修後に最終試験で一定の成績を収めると、国際的に認められる大学入学資格(国際バカロレア資格)を取得できる。試験は5月と11月の年2回行われ、シンガポールではインターナショナルスクールの生徒以外は11月に受験するのが一般的で、同月の試験ではシンガポールで1,849人が受験し、合格率は97.32%だった。また、平均得点は38.27点と、世界全体の29.21点より9点ほど高い水準だった。


関連記事

2017.09.22
ビアードパパ、東南アジア初の直営店をシンガポールにオープン

永谷園傘下の麦の穂は21日、シュークリーム専門店「ビアードパパ」の東南アジア初の直営店をシンガポールにオープンした。新直営店は繁華街オーチャードの商業施設「プラザ・シンガプーラ」の地下2階にあり、MRT(地下鉄・高架鉄道)ドービーゴート駅の改札を出てすぐの場所に位置している。新商...[記事全文]

2017.09.21
フィリピンの大規模インフラ整備、域内で「最も準備が整っている」と評価

フィリピンの財務省はこのほど、国連アジア太平洋経済社会委員会(UNESCAP)から、東南アジア諸国連合(ASEAN)10ヵ国の中で、フィリピンは大規模なインフラ整備を実行するための準備が最も整ってると評価されたと明らかにした。 財務省を代表して協議に参加したベルトラン財務次...[記事全文]

2017.09.19
米コンサル大手のアクセンチュア、シンガポールにデジタルハブを開設

米コンサルティング大手のアクセンチュアは14日、顧客のデジタル事業を支援する「アクセンチュア・デジタルハブ」をシンガポールに開設したと発表した。シンガポール経済開発庁(EDB)の支援で設立されたデジタルハブは、デジタル事業の立ち上げなどを目指す顧客が必要とするあらゆる技術、施設を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年01月10日