海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
ジョホールバルの新商業施設「パラダイム・モール」が11月開業

マレーシアの建設大手WCTホールディングスは、ジョホール州ジョホールバルに建設している商業施設「パラダイム・モール」を、今年11月にも開業すると明らかにした。パラダイム・モールは、4つ星ホテル(客室数296室)や24階建てのサービスアパートを含む複合開発の一部で、6階建ての商業施設となる。延べ床面積は200万平方フィート(約18万5,800m2)、賃貸可能面積は130万平方フィートで、約500区画の小売りロットが設けられる。

核テナントは百貨店パークソンで、そのほか同州初進出となる高級食品スーパー「ビレッジ・グローサー」、映画館の「ゴールデン・スクリーン・シネマズ」、屋内ウォールクライミングジム「キャンプ5」、屋内スケートリンクなども入居。WCTのリー・タックフック社長によると、テナント入居率は現在75%で、来年には100%達成を見込んでいる。


関連記事

2017.09.25 NEW
17年上半期のフィリピン向けODA、日本が4割超でTOP

フィリピンの国家経済開発庁(NEDA)は21日、2017年上半期の各国政府・機関別の政府開発援助(ODA)で、国際協力機構(JICA)を通じた日本政府の融資額が、48.4億ドル(約5,421億円)と全体の44.8%を占め、TOPだったことを発表した。 NEDAのRolando ...[記事全文]

2017.09.22
ビアードパパ、東南アジア初の直営店をシンガポールにオープン

永谷園傘下の麦の穂は21日、シュークリーム専門店「ビアードパパ」の東南アジア初の直営店をシンガポールにオープンした。新直営店は繁華街オーチャードの商業施設「プラザ・シンガプーラ」の地下2階にあり、MRT(地下鉄・高架鉄道)ドービーゴート駅の改札を出てすぐの場所に位置している。新商...[記事全文]

2017.09.19
フィリピン新車販売台数は8.7%増、好景気を受けて好調持続

フィリピン自動車工業会(CAMPI)とトラック製造者協会(TMA)は15日、2017年8月の新車販売台数(小売りベース)が前年同月比8.7%増の3万5,309台だったと発表した。アジア主要国の中でも高水準の経済成長が続く中、販売台数の前年同月超えは4年11ヵ月連続となっている。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日