海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.04.21
ジョホールバルの新商業施設「パラダイム・モール」が11月開業

マレーシアの建設大手WCTホールディングスは、ジョホール州ジョホールバルに建設している商業施設「パラダイム・モール」を、今年11月にも開業すると明らかにした。パラダイム・モールは、4つ星ホテル(客室数296室)や24階建てのサービスアパートを含む複合開発の一部で、6階建ての商業施設となる。延べ床面積は200万平方フィート(約18万5,800m2)、賃貸可能面積は130万平方フィートで、約500区画の小売りロットが設けられる。

核テナントは百貨店パークソンで、そのほか同州初進出となる高級食品スーパー「ビレッジ・グローサー」、映画館の「ゴールデン・スクリーン・シネマズ」、屋内ウォールクライミングジム「キャンプ5」、屋内スケートリンクなども入居。WCTのリー・タックフック社長によると、テナント入居率は現在75%で、来年には100%達成を見込んでいる。


関連記事

2018.02.20 NEW
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.19
比不動産大手アヤラ、17年決算は販売・賃貸共に好調で2桁増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドが発表した2017年決算は、売上高が前年比14%増の1,430億ペソ(約2,902億円)、純利益が同21%増の257億ペソだった。部門別では、複数の住宅やオフィスが完成した中、不動産販売部門の売上高が前年比13%増の1,220億ペソと成長を...[記事全文]

2018.02.16
「しゃぶしゃぶ温野菜」がタイ進出、トンローに1号店をオープン

株式会社レインズ・インターナショナルは9日、バンコク・トンローのスクンビット・ソイ55に、しゃぶしゃぶチェーン「しゃぶしゃぶ温野菜」のタイ1号店をオープンした。同店はサービスアパート「サマセット・スクンビット・トンロー・バンコク」の1階に設けられており、店舗面積234m2、席数9...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年04月21日