海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.06.19
英金融大手HSBC、KLの国際金融特区にマレーシア本社ビルを新設へ

英金融大手HSBCのマレーシア法人であるHSBCバンク・マレーシアは、クアラルンプールで計画されている国際金融特区「トゥン・ラザク・エクスチェンジ(TRX)」に本社を移転することを明らかにした。2億5,000万ドル(約278億円)を投じて用地を取得し、新本社ビルを建設する計画で、外銀によるTRXでの開発投資は初となる。新本社ビルのオフィススペースは、少なくとも56万8,000平方フィート(約5万2,768m2)に上る見通し。

HSBCバンク・マレーシアのムクタル・フセイン最高経営責任者(CEO)は、マレーシアが東南アジア諸国連合(ASEAN)諸国で有数の金融ハブとなっており、TRXによって同地位が一段と強化されることに言及。同エリアへの進出について「HSBCのASEAN戦略におけるマレーシアの重要性が増大する」と意義を強調した。

TRXは29ヘクタールの敷地に、26棟のオフィスビルやホテル、商業施設などを建設。2025~30年に完成予定で、これまでに不動産開発会社のレンドリース(オーストラリア)、ムリア・グループ(インドネシア)や地場アフィン・ホールディングス、建設大手WCTホールディングス、巡礼基金(タブン・ハジ)などが入居を決めている。


関連記事

2018.02.23 NEW
比グローバルシティの高級コンド価格が高騰、主要地区で最高

フィリピンのLeechiu Property Consultantsによると、マニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)の高級コンドミニアムの販売価格(1m2当たり)は、最低15万9,125ペソ(約32万7,790円)、最高で30万2,588ペソとなり、主要ビジネス地区...[記事全文]

2018.02.20
アジア太平洋地域の不動産取引額、17年は過去最高

米調査会社リアル・キャピタル・アナリスティクス(RCA)によると、アジア太平洋地域における2017年の不動産取引額は前年比6%増の1,575億ドル(約16兆8,000億円)となり、15年に記録した過去最高を更新した。物件種別ごとにみると、コンドミニアムなど集合住宅取引が57%増の...[記事全文]

2018.02.19
比不動産大手アヤラ、17年決算は販売・賃貸共に好調で2桁増収増益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランドが発表した2017年決算は、売上高が前年比14%増の1,430億ペソ(約2,902億円)、純利益が同21%増の257億ペソだった。部門別では、複数の住宅やオフィスが完成した中、不動産販売部門の売上高が前年比13%増の1,220億ペソと成長を...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年06月19日