海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.08.09
アメリカの駐マレーシア大使、ジョホール州経済を高評価

アメリカのカマラ・シリン・ラクディール駐マレーシア大使は、ジョホール州は国内で最も多くの投資を誘致しているとして、同州がマレーシアだけでなく東南アジア諸国連合(ASEAN)における主要な経済地域になる可能性があるとの見解を示した。

同大使はジョホール州について、税制などでビジネスに優しい環境が整っていることや、英語を話す優秀な労働力を確保できることで、アメリカなど海外からの投資誘致で有利になっていると指摘。「アメリカの投資家が求める要素がある」として、今後も投資の流入が進み、国内およびASEANの「パワーハウス(原動力)」となる可能性があると期待を寄せた。


関連記事

2017.12.12 NEW
KL~シンガポール間の高速鉄道、1時間につき4本の運行を計画

マレーシアの高速鉄道事業体「MyHSR」の商業部門担当ディレクターであるトニー・イープ氏によると、2026年の開通を目指して計画が進むマレーシアの首都クアラルンプールとシンガポールを結ぶ高速鉄道(HSR)は、1時間当たり4本の運行を計画しているという。 このうち2本は、ター...[記事全文]

2017.12.11 NEW
大手格付け会社フィッチ、フィリピンの信用格付けを引き上げ

英米系格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、フィリピンの長期信用格付けを「トリプルBマイナス(BBB-)」から「トリプルB(BBB)」に引き上げた。今後の格付け見通しについては「安定的」とした。同社は格上げの主な理由として、好調なマクロ経済動向や安定した政策を背景に、フィリ...[記事全文]

2017.12.06
フィリピンの製造業が回復、年15万人の雇用創出を見込む

米国際開発庁(USAID)は、フィリピンで製造業の回復に伴い、年15万人の新規雇用が創出されるとの見通しを示した。USAIDフィリピン支部のクレイ・エパーソン副支部長は、フィリピンの製造業は業況の改善により過去5年間に年10万人以上の雇用を創出してきたと指摘。2017年上半期(1...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年08月09日