海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.11
フィリピン不動産開発各社、寮タイプの物件開発に軸足

フィリピンの不動産開発各社は、交通渋滞が悪化する都市部を中心に、職場の近くで安く暮らしたいと考える若者の需要を取り込むため、社員寮やシェアハウスの開発に力を入れている。フィリピンでは、既に大手各社が社員寮事業に参入しており、財閥SMグループの持ち株会社SMインベストメンツは子会社フィリピン・アーバン・リビング・ソリューションズ(PULS)を通じて、マニラ首都圏で「マイタウン・ドミトリー」ブランドの社員寮を運営。来年中に物件を現在の5棟から12棟に増やす。

財閥アヤラ傘下の不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)も、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の社員をターゲットとしたブランド「フラッツ」の社員寮を、首都圏タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)で開発しており、2019年の開業を予定している。

その他、有力実業家ルシオ・タン氏率いる持ち株会社LTグループの不動産開発部門イートン・プロパティーズ・フィリピンは、香港で高級マンションを社員寮に転用した実績を持っており、フィリピンでも同様の事業を検討中。また、財閥コンスンジ系DMCIホールディングスも、近く専門の合弁会社を設立する予定だという。


関連記事

2017.12.11 NEW
大手格付け会社フィッチ、フィリピンの信用格付けを引き上げ

英米系格付け会社フィッチ・レーティングスは11日、フィリピンの長期信用格付けを「トリプルBマイナス(BBB-)」から「トリプルB(BBB)」に引き上げた。今後の格付け見通しについては「安定的」とした。同社は格上げの主な理由として、好調なマクロ経済動向や安定した政策を背景に、フィリ...[記事全文]

2017.12.08
メガネ専門店「JINS」、来年にもフィリピン進出へ

メガネ専門店「JINS」を運営するジンズは5日、フィリピンでアパレルや化粧品などのショップ運営を手掛けるSuyen Corporationと今後の事業展開に向けた覚書を締結したと発表した。まずは今月9日にマニラ首都圏マンダルヨン市のショッピングモール「SMメガモール」にポップアッ...[記事全文]

2017.12.07
カンボジアの行政都市開発エリアに高さ600mの超高層ビル建設へ

カンボジア建設省は、同国の首都プノンペン郊外で進められる行政都市開発プロジェクト「サムデク・テチョ・フン・セン・ドラゴンシティー」の一環として、高さ600mに上る超高層ビルの建設を検討していることを明らかにした。同ビルの建設が実現すれば、東南アジアで最高層のビルとなる見通し。 ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月11日