海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.11
フィリピン不動産開発各社、寮タイプの物件開発に軸足

フィリピンの不動産開発各社は、交通渋滞が悪化する都市部を中心に、職場の近くで安く暮らしたいと考える若者の需要を取り込むため、社員寮やシェアハウスの開発に力を入れている。フィリピンでは、既に大手各社が社員寮事業に参入しており、財閥SMグループの持ち株会社SMインベストメンツは子会社フィリピン・アーバン・リビング・ソリューションズ(PULS)を通じて、マニラ首都圏で「マイタウン・ドミトリー」ブランドの社員寮を運営。来年中に物件を現在の5棟から12棟に増やす。

財閥アヤラ傘下の不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)も、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の社員をターゲットとしたブランド「フラッツ」の社員寮を、首都圏タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)で開発しており、2019年の開業を予定している。

その他、有力実業家ルシオ・タン氏率いる持ち株会社LTグループの不動産開発部門イートン・プロパティーズ・フィリピンは、香港で高級マンションを社員寮に転用した実績を持っており、フィリピンでも同様の事業を検討中。また、財閥コンスンジ系DMCIホールディングスも、近く専門の合弁会社を設立する予定だという。


関連記事

2018.06.21 NEW
フィリピン中央銀行、2会合連続で利上げを決定

フィリピン中央銀行は20日に開いた金融政策決定会合で、政策金利を25ベーシスポイント引き上げることを決定した。利上げの決定は2会合連続で、これにより翌日物借入金利(RRP)が3.25%から3.50%、翌日物貸出金利(OLF)が3.75%から4.00%、翌日物預金金利(ODF)が2...[記事全文]

2018.06.19 NEW
4月の在外フィリピン人送金額は12.7%増の23.4億ドル

フィリピン中央銀行によると、4月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比12.7%増の23億4,700万ドルとなった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が15.1%増、船員など海上就労者からの送金額が4....[記事全文]

2018.06.19 NEW
ADBとJICA、マニラ南北通勤鉄道の延伸事業に協調融資を検討

アジア開発銀行(ADB)は、日本政府が円借款を供与する方針を示しているマニラ首都圏の南北通勤鉄道(マニラ市トゥトゥバン~ブラカン州マロロス)の南北延伸事業に、国際強力機構(JICA)との協調融資を検討していることを明らかにした。 ADBのケリー・バード・フィリピン担当カント...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月11日