海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.02.13
比大型再開発「オルティガス・イースト」が始動、1000億円規模

フィリピンの不動産開発会社オルティガス&カンパニーは、マニラ首都圏パシッグ市の「フロンテラ・ベルデ」にある16ヘクタールの敷地を複合地区として再開発する「オルティガス・イースト」計画のマスタープランを発表した。再開発は今後15~20年程度かけて行われる見通しで、総事業費は500億ペソ(約1,050億円)に上る見込み。

再開発は全3期に分けて行われ、マニラ首都圏の環状道路C5とジュリア・バルガス通り沿いに住宅や商業施設、オフィスビルなどを開発。3月には、同計画の先陣を切って34階建てオフィスビル「ザ・グラストン・タワー」の開発に着手するという。


関連記事

2018.05.25 NEW
バンコクのコンド価格上昇率、トンロー地区が過去5年で最大

タイの不動産コンサルタント会社「Nexus Property Marketing Co.」の調査によると、過去5年間でトンロー地区とスクンビット・ソイ39のコンドミニアム価格は、1m2当たり183,000バーツから255,000バーツへと40%上昇し、バンコクで最大の伸び率を示し...[記事全文]

2018.05.21
フィリピン不動産市場、チャイナマネーの流入が活発化

世界的な不動産サービス会社コリアーズ・インターナショナルは、中国政府が提唱するアジアと欧州をつなぐ広域経済圏構想「一帯一路」(現代版シルクロード構想)を背景に、フィリピン不動産市場へのチャイナマネーの流入が活発化しているとの見解を示した。同社のレポートによると、昨年のマニラ首都圏...[記事全文]

2018.05.16
三菱商事、フィリピン大手と合弁で新興中間層向け分譲住宅を開発

三菱商事は16日、フィリピン大手不動産開発会社センチュリープロパティーズと新興中間層向け住宅デベロッパー設立の合弁契約書を締結したことを発表した。合弁会社には三菱商事が40%、センチュリープロパティーズが60%出資する。 毎年3~5件の新規開発プロジェクトを立ち上げ、設立後...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年02月13日