海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.11.08
資生堂、フィリピン現地法人をBGCに開設へ

資生堂は7日、フィリピンのマニラ首都圏ボニファシオ・グローバルシティ(BGC)に、同国事業を統括する現地法人「Shiseido Philippines Corporation」を12月に設立すると発表。2019年7月から業務を始める予定だという。

資生堂によると、経済成長著しい東南アジアにおいて、1億人以上の人口を有し、若年層が多く、化粧品市場規模が東南アジアで3番目に大きい(約30億ドル:資生堂推計)フィリピンでは、プレステージ(高級)市場が2020年まで二桁成長が続くと予想されており、特にメイクアップカテゴリーが著しく伸長。加えて、中間所得層の拡大とともに日本ブランドの優位性が高まっていることから、フィリピン事業を直接統括する体制に切り替えることで、シェアの拡大を目指したい考え。


関連記事

2019.04.24 NEW
フィリピン財務相「年内の上位中所得国入り可能」、前倒し達成に自信

フィリピンのドミンゲス財務相は、米ワシントンで開かれた世界銀行主催の「フィリピン・デー・フォーラム」で、大規模インフラ開発計画「ビルド・ビルド・ビルド」の後押しもあり、フィリピンが世界有数の高い経済成長を続けていると強調したうえで、2019年中にも上位中所得国の仲間入りが...[記事全文]

2019.04.16
比不動産大手メガワールド、18年は各部門好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手メガワールドが発表した2018年連結決算は、売上高が前年比15%増の574億ペソ(約1,239億円)、純利益が17%増の152億ペソだった。部門別の売り上げを見ると、オフィス・商業施設の賃料収入が21%増の143億ペソ、住宅販売が11%増の380億ペ...[記事全文]

2019.04.16
2月の在外フィリピン人送金額、1.5%増の23億ドル

フィリピン中央銀行によると、2月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比1.5%増の23億100万ドル(約2,577円)となった。 1~2月の累計では前年同期比3.0%増の47億8,400万ドルで、このうち...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年11月08日