海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.10.12
22年9月のオアフ島住宅販売は2ケタ減、金利上昇が重し

ホノルル不動産協会(HBR)がこのほど公表した最新の市況レポートによると、2022年9月にオアフ島で取引された一戸建て住宅の件数は、前年同月比34.4%減の278戸となった。ただ、販売価格(中央値)は同4.8%上昇し、110万ドル(約1億6,070万円)だった。

また、コンドミニアムについても、取引件数は前年同月比19.3%減の496戸にとどまったものの、販売価格(中央値)は同5.1%上昇の50万2,500ドルとなった。

住宅ローン金利が6%付近まで上昇していることが、消費者マインドを悪化。一戸建てでは60万~89万9,999ドルの価格帯の取引が前年同月比45.4%減、コンドミニアムでは79万9,999ドル以下の価格帯が同23.6%減と落ち込みが目立った。

一方、低価格帯を中心に販売活動が滞っていることが、販売価格の中央値の押し上げに繋がった。ただ、当初の提示価格を上回って取引された物件の割合は、一戸建てが36%(前年同月は64%)、コンドミニアムが29%(同40%)にとどまった。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.06.24 NEW
タイ、コンドミニアムの外国人所有枠を拡大へ

タイ内閣がこのほど内務省に対し、コンドミニアム(マンション)の外国人所有枠を、現行基準である開発ユニットの最大49%から同75%へと拡大する方向で法改正の準備を進めるよう指示したことがわかった。 また、外国人向けの借地権(リースホールド)の期間についても...[記事全文]

2024.06.21 NEW
大和ハウス、タイのホテル開発に初参画

大和ハウス工業は20日、タイの不動産開発大手SCアセット・コーポレーションとのパートナーシップ契約の下、バンコクのホテル開発事業に参画することを発表した。大和ハウスにとって、タイで初めてのホテル開発事業となる。 開発に参画するのは、SCアセットがバンコク...[記事全文]

2024.06.20
マレーシア、外国人向け長期滞在ビザ「MM2H」の新条件を発表

マレーシアのティオン・キンシン観光芸術文化相はこのほど、外国人向け長期滞在ビザ「マレーシア・マイ・セカンド・ホーム(MM2H)」の、新たな取得条件を発表した。新制度では、「シルバー」「ゴールド」「プラチナ」の3つのカテゴリーが設けられ、それぞれ取得に必要な資産要件や有効期...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年10月12日