海外不動産の投資・購入・売却、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2022.12.16
オアフ島全体の不動産評価額、2023-24課税年度は12.4%上昇

ホノルル市および郡の不動産評価部門がこのほど公表した、2023-24課税年度におけるオアフ島全体の不動産評価額は、前年度比12.4%上昇の3,430.07億ドル(約47兆2,000億円)となった。

個々の不動産の評価額通知書は各オーナーに近く配布される見通し。2023年6月に各資産分類の税率を設定したうえで、同7月に固定資産税の請求書が送られる予定となっている。

詳細を見ると、居住用不動産全体の評価額は前年度比9.1%上昇の2,301.5億ドルとなった。その他、ホテルおよびリゾート物件は13.9%増、商業用不動産は5.3%増、工業用不動産は10.4%増だった。

また、居住用不動産の評価額をエリア別に見ると、ノースショアが20.4%増と最も大きく伸びた。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2024.07.24 NEW
フィリピン、ネット賭博業者の営業を全面禁止へ

フィリピンのフェルディナンド・マルコス・ジュニア大統領はこのほど、オンラインカジノ事業者(POGO)の営業を、年末までに全面的に禁止にする方針を明らかにした。 ドゥテルテ前政権時代の2016年頃にフィリピンに誕生し、中国人ギャンブラーをターゲットに急速な盛り...[記事全文]

2024.07.22 NEW
三井不動産がKLでサービス付き賃貸住宅事業、海外初

三井不動産はこのほど、マレーシアの首都クアラルンプール(KL)で開発していた直営型サービス付き賃貸住宅「三井サービススイート・ブキビンタン・シティセンター」を9月下旬に開業すると発表した。同社にとって、海外における直営型サービス付き賃貸住宅の第1号物件となる。 ...[記事全文]

2024.07.18
24年上期のベトナム不動産取引件数は3倍増、コンド取引が活発

ベトナム不動産仲介協会(VARS)によると、2024年上半期(1~6月)における不動産取引件数は、前年同期比3倍の約2万600件だった。 詳細を見ると、全体の約7割に当たる約1万4,400件をコンドミニアム(アパートメント)が占めた。また、このうちの4割...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2022年12月16日