海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.10.10
東南アジア最大の「ユニクロ」がマカティ市内にオープン

ファーストリテイリングは5日、カジュアル衣料販売店「ユニクロ」のグローバル旗艦店を、マニラ首都圏マカティ市の商業施設「グロリエッタ5」内にオープンした。グローバル旗艦店の開設は、東南アジアではシンガポールに次ぐ2店目となる。新店舗の面積は4100m2で、2年前にシンガポールのオーチャード通りに開設した旗艦店(2700m2)を大きく上回り、東南アジア最大の店舗となる。

新店舗の開設によりフィリピン国内のユニクロは52店舗となり、店舗数は東南アジア最多、日本を除く世界でも4位となっている。ユニクロ東南アジア・オセアニアの果瀬聡CEO(最高経営責任者)はコメントで、「フィリピンの経済規模と潜在成長力を考慮すると、我々が成長する余地は大きい」とした上で、「飽和状態には程遠い」との見解を示した。


関連記事

2019.02.18 NEW
18年の在外フィリピン人送金額は289億ドル、15年連続で過去最高を更新

フィリピン中央銀行によると、2018年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年比3.1%増の289億4,300万ドル(約3兆1,950億円)だった。15年連続での過去最高の更新となる。 家政婦(メイド)など陸上就...[記事全文]

2019.02.18 NEW
比不動産大手アヤラ、18年は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年連結決算は、売上高が前年比17%増の1,662億ペソ(約3,490億円)、純利益が16%増の292億ペソだった。 部門別では、住宅やオフィスを販売する不動産開発部門の売上高が、18%増の1,134億ペ...[記事全文]

2019.02.13
阪急阪神不動産、バンコクで新たにコンド4件を開発へ

阪急阪神不動産は12日、タイの住宅開発会社セナ・デベロップメントタイと共同で、バンコク首都圏において新たにコンドミニアム4件を開発すると発表した。これにより、同社によるタイのコンドミニアム開発事業への参画件数は11件となり、戸数は9,000戸を突破することとなる。 新た...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年10月10日