海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.10.09
マニラ首都圏の公共交通ターミナル「PITX」が来月開業へ

フィリピンの建設大手メガワイド・コンストラクションは、マニラ首都圏パラニャーケ市の旧コースタル・モール脇で建設している公共交通ターミナル「パラニャーケ・インテグレーテッド・ターミナル・エクスチェンジ(PITX)」を、来月に開業することを発表した。

ターミナルは3階建てとなり、1階にはバス、ジプニー(乗り合いバス)、タクシーの出発エリア、2階にはバス専用の到着エリア、3階には駐車場などを設ける。また、将来的に3階には、現在延伸工事を行っているLRT(軽量高架鉄道)1号線も乗り入れる予定となっている。

乗客の処理能力は1日当たり最大20万人で、バタンガス州やカビテ州などから首都圏に向かう1日平均10万人の通勤者の利用を見込んでいる。


関連記事

2019.06.26 NEW
明治屋がシンガポール2号店を27日開業、新規の海外出店は16年ぶり

食料品の小売・製造などを手掛ける明治屋は27日、シンガポール中心部のリバーバレーにある複合施設「グレート・ワールド・シティ」の地下2階に、同国2号店をオープンする。同社にとって新規の海外出店は16年ぶりで、これを皮切りにベトナムなど近隣アジア諸国への事業展開を進めたい考え...[記事全文]

2019.06.24 NEW
ASEAN、2034年のサッカーW杯で共同開催を目指す

タイの首都バンコクで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、ASEAN10ヵ国は2034年に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)の共同開催を目指すことで合意した。 共同開催は、サッカーが国民的な人気スポーツとなっている議長国のタイが...[記事全文]

2019.06.21
フィリピン中銀が予想外に金利据え置きを決定、インフレを警戒

フィリピン中央銀行は20日に開催した金融政策決定会合で、政策金利を据え置くことを決定した。市場では利下げが予想されていたものの、エルニーニョ現象の影響で農産物の供給が減ったことなどから、5月のインフレ率(3.2%)が上振れしたため、追加の金融緩和は見送られた。翌日物借入金...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年10月09日