海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.10.09
マニラ首都圏の公共交通ターミナル「PITX」が来月開業へ

フィリピンの建設大手メガワイド・コンストラクションは、マニラ首都圏パラニャーケ市の旧コースタル・モール脇で建設している公共交通ターミナル「パラニャーケ・インテグレーテッド・ターミナル・エクスチェンジ(PITX)」を、来月に開業することを発表した。

ターミナルは3階建てとなり、1階にはバス、ジプニー(乗り合いバス)、タクシーの出発エリア、2階にはバス専用の到着エリア、3階には駐車場などを設ける。また、将来的に3階には、現在延伸工事を行っているLRT(軽量高架鉄道)1号線も乗り入れる予定となっている。

乗客の処理能力は1日当たり最大20万人で、バタンガス州やカビテ州などから首都圏に向かう1日平均10万人の通勤者の利用を見込んでいる。


関連記事

2019.02.18 NEW
18年の在外フィリピン人送金額は289億ドル、15年連続で過去最高を更新

フィリピン中央銀行によると、2018年のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(OFW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年比3.1%増の289億4,300万ドル(約3兆1,950億円)だった。15年連続での過去最高の更新となる。 家政婦(メイド)など陸上就...[記事全文]

2019.02.18 NEW
比不動産大手アヤラ、18年は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年連結決算は、売上高が前年比17%増の1,662億ペソ(約3,490億円)、純利益が16%増の292億ペソだった。 部門別では、住宅やオフィスを販売する不動産開発部門の売上高が、18%増の1,134億ペ...[記事全文]

2019.02.12
日本政府、ミンダナオ島の道路整備に222億円供与へ

フィリピンを訪問中の河野太郎外相は10日、同国のテオドロ・L・ロクシン外相と会談し、長年にわたり紛争の影響を受けてきたミンダナオ島西部において道路網を整備するための、総額2億204万ドル(約223億円)を限度とする有償資金協力に関する交換公文を締結した。また同日には、1月に領...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年10月09日