海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.01.29
配車サービス大手グラブ、ペタリンジャヤに域内ハブを開設

東南アジアの配車サービス最大手グラブはこのほど、マレーシア・セランゴール州ペタリンジャヤに新オフィスを開設した。研究開発(R&D)センターも併設されるなど、同拠点は東南アジア全域でのシステム開発、法務、財務、調達、顧客対応などを一手に担う域内ハブとなる。

新オフィスは、大型ショッピングセンター「ワンウタマ」に隣接。現在、従業員数は域内対応を手掛ける部署も含めて600人だが、年内にシステムエンジニアやデータアナリスト、法務、財務部門の専門職などを400人増員し、1,000人体制にする考えを示している。


関連記事

2019.02.18 NEW
比不動産大手アヤラ、18年は住宅販売の好調で2ケタ増収益

フィリピンの不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)が発表した2018年連結決算は、売上高が前年比17%増の1,662億ペソ(約3,490億円)、純利益が16%増の292億ペソだった。 部門別では、住宅やオフィスを販売する不動産開発部門の売上高が、18%増の1,134億ペ...[記事全文]

2019.02.15 NEW
18年10~12月期のマレーシアGDP成長率は4.7%、輸出持ち直しで伸び加速

マレーシア中央銀行によると、2018年第4四半期(10~12月)の実質GDP成長率は前年同期比4.7%増だった。伸び率は直近の2四半期に減速傾向となっていただが、輸出の改善などを受けて前期(4.4%増)から伸びが加速した。 需要面からみると、輸出が前年同期比1.3%増(...[記事全文]

2019.02.13
18年末のマレーシア総人口、1.1%増の3256万人

マレーシア統計局によると、2018年10~12月期(第4四半期)時点の総人口は、前年同期比1.1%増の3,256万6,900人だった。また、出生率(人口1,000人当たりの出生数)は3.9人だった。 州別の人口をみると、セランゴール州が最多の651万8,500人。以下、...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年01月29日