海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.18
阪急阪神不動産、バンコクのコンド開発は計13件・1万戸超に

阪急阪神不動産はタイのデベロッパーであるセナ・デベロップメントと共同で、バンコクのバンスー区とバンコクヤイ区で新たにコンドミニアムを開発すると発表した。同社がタイのコンドミニアム開発事業に参画するのはこれで13件となり、戸数は1万戸を超えた。

バンコク北部のバンスー区に開発する「バンポー(仮称)」は、建設中の地下鉄ブルーライン延伸区間のバンポー駅近くに立地し、高層階などからはチャオプラヤ川が見える。敷地面積は3558m2、総戸数は約430戸で、2022年12月の竣工を予定している。

また、バンコク中心部のバンコクヤイ区に開発する「イッサラパープ(仮称)」は、ブルーライン延伸区間のイッサラパープ駅近くに立地。敷地面積は4084m2、総戸数は約260戸で、2021年4月の竣工を予定している。


関連記事

2019.10.18 NEW
フィリピン持家促進相互基金、1~9月の新規住宅ローンは13%増

フィリピンの持家促進互基金(通称、Pag-IBIG)によると、2019年1~9月までに提供された新規住宅ローンは、前年同期比13%増の587億3,000万ペソ(約1,240億円)となった。また、融資を受けた住宅の数は、同4%増の6万5,375戸だった。 Pa...[記事全文]

2019.10.17 NEW
シンガポールのファンド、ダナンのリゾート開発に投資へ

シンガポールの投資ファンドRed Brick International(レッド・ブリック・インターナショナル)は11日、ベトナムの不動産開発会社LDGグループが手掛ける中部ダナンのリゾート開発プロジェクトに、3億5,000万ドル(約380億円)を投資することを発表した。...[記事全文]

2019.10.16 NEW
9月のシンガポール新築民間住宅販売は36%増、新投機抑制策導入後の最多

シンガポールの都市再開発庁(URA)が15日に発表した9月の新築民間住宅販売戸数は、前年同月比36%増の1,270戸とだった。2018年7月に、シンガポール政府が新たな不動産投機抑制策を導入して以降では、最も多い販売戸数となった。 物件別で最多の成約数となっ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月18日