海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.10.07
住友商事、ハノイ市でスマートシティ開発へ

住友商事とベトナムの不動産大手BRGグループは6日、ハノイ市でスマートシティの共同開発を行うことを発表した。2020年にも着工し、第1期事業としてまずは約7,000戸規模の住宅開発を行う。事業総額は42億ドル(約4,480億円)となる見通し。

開発は、ハノイ中心部から車で約20分ほどの場所にある北部ドンアインの約270ヘクタールの敷地で実施。あらゆるモノがネットにつながる「IoT」技術の導入により街全体の省エネ化を進めるほか、顔認証技術を使った監視カメラや人工知能(AI)といった最先端技術を活用し、スマートシティーを実現したい考え。

開発は全5期に分けて行う計画で、第1期では高層コンドミニアムやタウンハウス(低層集合住宅)、ショップハウス(店舗と居住スペースが一体となった住宅)など、住宅を中心に開発を行い、2022年にも入居を開始する予定だという。

また、第2期以降ではオフィスビルや大型商業施設なども建設し、将来的にはエリア内にノイバイ国際空港とハノイの中心部を結ぶハノイ都市鉄道2号線の駅建設も予定している。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.21 NEW
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。 ...[記事全文]

2020.01.20 NEW
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や良好な雇用情勢が引き続き追い風...[記事全文]

2020.01.17
ハノイにビンユニ大学が完成、越複合大手ビングループ設立

ベトナムの大手複合企業(コングロマリット)Vingroup(ビングループ)は15日、ハノイ市ザーラム群で開発を進めている新街区「Vinhomes Ocean Park(ビンホームズ・オーシャン・パーク)」の一角に建設した、非営利大学「VinUni(ビンユニ)」の落成式...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年10月07日