海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.12
ジョンソン英首相、高速鉄道「HS2」整備計画の継続を承認

イギリスのボリス・ジョンソン首相は11日、ロンドンとイングランド北部を結ぶ高速鉄道「HS2(High Speed 2)」の整備計画を承認すると発表した。

2015年時点ではHS2の総工費は557億ポンド(約7兆9,260億円)と想定されていたものの、土地の取得や環境・安全対応などのコストがかさむ影響で総工費が増大。2019年9月の報告書でHS2のアランクック会長が、総工費は最大約880億ポンド(約12兆5,220億円)に膨らむとの見通しを示したほか、一部では総工費は1,060億ポンド(約15兆80億円)にまで増えるとの試算もある中、世論の反発を受けて政府は計画の是非を含めた見直しを進めていた。

ただ、ジョンソン首相は「計画の管理体制は貧弱だったが、根本的な価値を損なうものではない」として、今回計画の継続を決定。コスト削減のため、建設計画を監督する閣僚を指名する方針を示した。

HS2は総延長約530kmを最高時速360kmで結ぶ高速鉄道で、首都ロンドンのユーストン駅~中部バーミンガムの間を繋ぐ第1期区間と、そこからマンチェスターやリーズといった北部の都市に延伸する第2期区間で構成。当初の計画では、2026年に第1期区間を開業させる予定となっていたが、計画の見直しによって第1期区間の開業は2028~2031年に後ずれし、全体の完成は2040年になる可能性があるとしている。

イギリス不動産についての最新情報

イギリス不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.05.06 NEW
イギリスが社会的距離ルールの廃止を検討、6月21日にも

イギリスのボリス・ジョンソン首相は3日、新型コロナウイルス対策として実施している「1メートル超」の社会的距離ルール(ソーシャル・ディスタンス)について、イングランドでは6月21日から廃止できる可能性があると発表した。 イギリスではワクチン接種が順調に進ん...[記事全文]

2021.02.22
イングランドが3月8日から都市封鎖を段階的に解除、対面授業など再開へ

イギリスのボリス・ジョンソン首相は21日、新型コロナウイルスの感染再拡大を受け、イングランド全域で1月上旬から実施していた都市封鎖(ロックダウン)について、3月8日から段階的に解除を進めていく方針を明らかにした。 解除に向けたロードマップは3月22日に公...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月12日