海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.13
格付大手フィッチ、フィリピンの格付見通しを「ポジティブ」に引き上げ

英米系の大手格付け機関フィッチ・レーティングスは11日、フィリピンの外貨建て長期国債の信用格付けを投資適格級「BBB」に据え置いた一方、格付け見通し(アウトルック)について、従来の「ステーブル(安定的)」から「ポジティブ」に引き上げた。フィッチの基準では、格付け見通しが「ポジティブ」の状態は今後1~2年以内に格上げされる可能性があることを示している。

同社ソブリンチームのアソシエートディレクターであるサガリカ・チャンドラ氏は、「フィリピンのマクロ経済は非常に強い状態を維持している」と評価。今後2年間のGDP成長率について、2020年が6.4%、2021年が6.5%と予測し、アジア太平洋地域で最も成長を遂げる国のひとつになるとの見方を示した。

なお、フィリピンの信用格付けを巡っては、日本の格付け機関である格付投資情報センター(R&I)も、今月7日にフィリピンの外貨建て発行体格付けを「BBB」から「BBB+」に格上げしている。

主要格付け機関によるフィリピンの信用格付け(2020年2月時点)
機関名 機関本拠地 格付け 格付け見通し
スタンダード&プアーズ 米国 BBB Stable
ムーディーズ 米国 Baa2 Stable
フィッチ・レーティングス 英国、米国 BBB- Positive
日本格付研究所 日本 BBB+ ポジティブ
格付投資情報センター 日本 BBB+ 安定的

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
20年Q2のフィリピンGDPは16.5%減、経済活動制限で過去最大の減少

フィリピン統計庁(PSA)は6日、2020年第2四半期(4~6月)のGDP成長率が、前年同期比マイナス16.5%になったと発表した。新型コロナウイルス封じ込めのため、3月中旬から5月末まで厳格な外出・移動制限措置が実施され、経済活動が停滞した影響が色濃く出た形で、現行の方...[記事全文]

2020.08.04
マニラ首都圏の外出制限が再厳格化、8月18日まで

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏とその近隣州で外出・移動制限措置を、8月4日~18日まで再び厳格化すると発表した。 マニラ首都圏では5月中旬から段階的に制限の緩和が進められており、先月31日には8月1日以降も緩やかな制限が継続される意向が示さ...[記事全文]

2020.07.20
フィリピンが長期ビザ保有者の入国を8月1日から再開へ

フィリピン政府はこのほど、長期滞在ビザ保有者の入国を8月1日から許可する方針を明らかにした。フィリピンでは、新型コロナウイルス感染抑制のため、3月下旬から外交関係者など一部を除き、外国人の入国を拒否していた。 入国が可能となるのは、すでに発給済みで有効期限内...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月13日