海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.13
マニラ首都圏のオフィス空室率、19年は4.3%に低下

米系不動産サービス大手コリアーズ・インターナショナル・フィリピンはこのほど、マニラ首都圏のオフィス市場に関するレポートを公表した。

レポートによると、市場のけん引役であるオンラインカジノ事業者(POGO)やビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)企業から引き続き旺盛な需要があり、2019年のオフィス空室率は前年から4ポイント低下して4.3%となった。また、2019年にPOGOが新規に契約したオフィス面積は33万3,000㎡だった。

ただ、POGOでは中国人が働いているケースが多い中、新型肺炎の影響で中国全土からの入国を制限していることから業務が妨げられる可能性があり、今後のオフィス需要にも影響が出ると指摘。2020年のオフィス空室率は、POGOによる新規賃貸契約の面積が20万㎡なら空室率は6.0%、10万㎡なら6.8%、契約がゼロなら7.6%に上昇するとの予測を示した。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.04.03 NEW
シンガポールのコロナ対策、固定資産税還付のテナント全額還元を義務化

シンガポール財務省は2日、新型コロナウイルの感染拡大を受けた経済対策の一環として実施することを決めた、不動産所有者への固定資産税(Property Tax)の還付について、還付金の全額をテナントに還元することを義務付ける新たな法律を導入することを発表した。法案は6日の...[記事全文]

2020.04.02 NEW
19年のシンガポール駐在員賃料は1.4%増、5年ぶりに上昇

英人材調査会社ECAインターナショナルが1日に公表した、世界の駐在員の住宅賃料に関する調査レポートで、2019年におけるシンガポールの平均月額賃料が前年比1.4%増の4,233ドル(約45.5万円)となり、5年ぶりに上昇したことがわかった。シンガポールの平均月額賃料は...[記事全文]

2020.04.02 NEW
フィリピン住宅価格指数、19年Q4は前年比10.2%上昇

フィリピン中央銀行によると、2019年第4四半期(10~12月)の住宅価格指数(RREPI、14年第1四半期=100)は、前年同期比10.2%上昇し、130.2となった。エリア別に見ると、マニラ首都圏が同15%上昇の149.3、首都圏外が同8.2%上昇の119.2だった。...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月13日