海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.14
19年のマレーシア住宅取引、最高額は1,600万リンギ

マレーシアの大手不動産情報サイトiProperty.com(アイプロパティ)によると、2019年にマレーシアで取引された住宅の中で最高額となったのは、クアラルンプール(KL)の高級住宅街「ダマンサラハイツ」のバンガロー(一戸建て)で、1,600万リンギ(約4億2,240万円)だった。

同データは、2019年1月~12月の期間を対象に、マレーシア財務省傘下の資産評価・不動産サービス局(JPPH)の取引データに基いてアイプロパティが集計したもの。

ダマンサラハイツは、ブキッキアラやスリ・ハタマス、ブキットゥンクなどの高級住宅街と隣接し、レストランやバーなども多いことから、マレーシア人富裕層や外国人駐在員に人気の高いエリアとして知られている。なお、2019年におけるダマンサラハイツの一戸建て住宅の取引額(中央値)は、1sqft(約0.093㎡)当たり702リンギだった。

2位はブキットゥンクの「ケニーヒルズ」にあるバンガロー(1,200万リンギ)、3位はKLセントラル駅に隣接する6つ星ホテル「セントレジス・ホテル」内のサービスレジデンス(950万リンギ)。以下、ドゥタマスの高級住宅街「ハタマスハイツ」にあるバンガロー(950万リンギ)、ブキッガシンの高級住宅街「サンクチュアリ・リッジ」にあるバンガロー(900万リンギ)と続いた。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.02.20 NEW
20年1月の米住宅着工件数は3.6%減も、許可件数は13年ぶり高水準

米商務省が19日に発表した2020年1月の住宅着工件数(季節調整済み・年率換算)は、前月比3.6%減の156万7,000戸となった。また、2019年12月の住宅着工件数については、当初発表の160万8,000戸から162万6,000戸に上方修正された。 ...[記事全文]

2020.02.19 NEW
ベトナム資源環境省、コンドテルの所有権に関するガイダンスを公表

ベトナムの天然資源環境省は14日、コンドテル(ホテル運営を目的としたコンドミニアム)やオフィステル(オフィスとしても住居としても利用できる物件)のように、通常の住宅ではない建物の土地使用権および建物所有権の証明書(レッドブック)の発給に関するガイダンスを、各地方の天然...[記事全文]

2020.02.18 NEW
バンコク首都圏のコンド在庫、19年は21.4万戸に拡大

タイの不動産開発会社LPN Development(LPN デベロップメント)傘下の不動産研究開発会社Lumpini Wisdom & Solutions(LPN ウィズダム&ソリューションズ)がこのほど実施した調査によると、2019年末におけるバンコク首都圏のコンド...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月14日