海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.02.14
19年のマレーシア住宅取引、最高額は1,600万リンギ

マレーシアの大手不動産情報サイトiProperty.com(アイプロパティ)によると、2019年にマレーシアで取引された住宅の中で最高額となったのは、クアラルンプール(KL)の高級住宅街「ダマンサラハイツ」のバンガロー(一戸建て)で、1,600万リンギ(約4億2,240万円)だった。

同データは、2019年1月~12月の期間を対象に、マレーシア財務省傘下の資産評価・不動産サービス局(JPPH)の取引データに基いてアイプロパティが集計したもの。

ダマンサラハイツは、ブキッキアラやスリ・ハタマス、ブキットゥンクなどの高級住宅街と隣接し、レストランやバーなども多いことから、マレーシア人富裕層や外国人駐在員に人気の高いエリアとして知られている。なお、2019年におけるダマンサラハイツの一戸建て住宅の取引額(中央値)は、1sqft(約0.093㎡)当たり702リンギだった。

2位はブキットゥンクの「ケニーヒルズ」にあるバンガロー(1,200万リンギ)、3位はKLセントラル駅に隣接する6つ星ホテル「セントレジス・ホテル」内のサービスレジデンス(950万リンギ)。以下、ドゥタマスの高級住宅街「ハタマスハイツ」にあるバンガロー(950万リンギ)、ブキッガシンの高級住宅街「サンクチュアリ・リッジ」にあるバンガロー(900万リンギ)と続いた。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
「デュシタニ・バンコク」跡地の高級コンド、発売前の内約率が20%超に

タイのホテル大手デュシタニはこのほど、バンコク・シーロム地区のホテル「デュシタニ・バンコク」の跡地で開発を進めている複合施設「デュシット・セントラル・パーク」に併設する高級コンドミニアムについて、発売前の内約率が20%以上に達していることを明らかにした。 開...[記事全文]

2020.08.06 NEW
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

2020.08.04
タイ人の英不動産投資が増加見通し、対バーツでのポンド安が追い風

米不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、タイ人投資家によるイギリス・ロンドンの不動産投資が活発化するとの見方を示した。 ロンドンは元々、住宅の供給不足によって高い賃貸利回りと物件価格の上昇が期待できるうえに、タイ人学生の主要な...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年02月14日