海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2021.06.16
中国人のタイ不動産への関心が回復、照会件数はコロナ前上回る

中国の大手海外不動産サイト「居外網(Juwai.com)」を運営する居外IQI(Juwai IQI)によると、2021年第1四半期(1~3月)の中国人投資家によるタイ不動産に関する照会件数は、前年同期比38%増加。2四半期連続で、新型コロナウイルスが流行する前の水準を上回ったという。

居外IQIのゲオルグ・フミエル会長は、コロナ禍を経て中国人投資家の物色傾向にも変化が見られており、これまでよりも広く、共有施設の充実した住み心地の良いコンドミニアムを求める動きが強まっていると指摘。エリア別では、バンコクやパタヤ、チェンマイ、プーケットといった従来から人気の高い都市に加え、サムイ島やクラビなどにも物色の手が伸びているという。

今後の投資マネーの流入を巡っては、中国の渡航制限の緩和やタイ国内でのワクチン接種の進展状況が重要で、7月1日からプーケットでワクチン接種済み外国人旅行者を隔離免除で受け入れて行われる実証試験「観光サンドボックス」は、その試金石になると指摘。プーケットで観光客の受け入れが順調に進み、他の地域でも同様の試みが行われるようになれば、不動産市場には大きな追い風になると見ている。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.09.22 NEW
米グーグル、ニューヨーク中心部のオフィスビルを21億ドルで購入へ

米IT大手アルファベット傘下のグーグルは21日、ニューヨーク中心部のマンハッタンに建つオフィスビルを、21億ドル(約2,290億円)で購入することを明らかにした。アメリカにおける単一のオフィスビル取引としては、過去最高額になるという。 購入するのは、マン...[記事全文]

2021.09.21 NEW
タイ大手財閥サハグループ、バンコクで国内最高層ビルの建設に着手

タイの大手財閥サハ・グループ傘下のサハ・キャピタル・タワーはこのほど、首都バンコクで国内最高層ビルとなる「キングブリッジ・タワー」(2024年完成予定)の建設を開始した。 同物件は、チャオプラヤ川近くのラマ3世通りに開発されるもので、日本の大手ゼネコンで...[記事全文]

2021.09.17
マレーシア不動産取引件数、21年上期は前年の反動で21%の大幅増

マレーシア財務省傘下の国家不動産情報センター(NAPIC)によると、2021年上半期(1~6月)の不動産取引件数は前年同期比21%増の13万9,754件、取引総額は32.1%増の620億1,000万リンギ(約1兆6,300億円)となった。 新型コロナウイルス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2021年06月16日