海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.02
英ウェリントンカレッジ、バンコク校を来年8月に開校

イングランド南東部バークシャー拠点のウェリントン・カレッジは、来年8月にタイのバンコク東部クルンテープクリタ通りにある50ライ(8ヘクタール)の敷地に分校を開設すると発表した。東南アジア諸国連合(ASEAN)での分校開設は初となる。

バンコク校のダリカ理事長(タイ私立トゥラキット・バンディット大学学長)によると、同校は英国式のカリキュラムを採用し、特に幼児、低学年の教育に力を入れる方針。当初は6歳児までを対象にする就学前コース、2020年に小学生コースと大学コースを開校する計画で、定員は合計1,500人を予定している。学費は年間47万5,000~75万バーツで、英国や米国への留学に比べて低コストだという。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.07 NEW
英経済は年内にコロナ前の水準を回復へ、英中銀予測

イギリスの中央銀行に相当するイングランド銀行(BOE)は6日、2021年通年のGDP成長率を7.25%へと大幅に上方修正(従来予想は5%)したうえで、新型コロナウイルスの流行によって打撃を受けた国内経済が、年内に流行前の水準を回復するとの見通しを示した。 ...[記事全文]

2021.05.06 NEW
イギリスが社会的距離ルールの廃止を検討、6月21日にも

イギリスのボリス・ジョンソン首相は3日、新型コロナウイルス対策として実施している「1メートル超」の社会的距離ルール(ソーシャル・ディスタンス)について、イングランドでは6月21日から廃止できる可能性があると発表した。 イギリスではワクチン接種が順調に進ん...[記事全文]

2021.04.21
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月02日