海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.11
フィリピン不動産開発各社、寮タイプの物件開発に軸足

フィリピンの不動産開発各社は、交通渋滞が悪化する都市部を中心に、職場の近くで安く暮らしたいと考える若者の需要を取り込むため、社員寮やシェアハウスの開発に力を入れている。フィリピンでは、既に大手各社が社員寮事業に参入しており、財閥SMグループの持ち株会社SMインベストメンツは子会社フィリピン・アーバン・リビング・ソリューションズ(PULS)を通じて、マニラ首都圏で「マイタウン・ドミトリー」ブランドの社員寮を運営。来年中に物件を現在の5棟から12棟に増やす。

財閥アヤラ傘下の不動産開発大手アヤラ・ランド(ALI)も、ビジネス・プロセス・アウトソーシング(BPO)業界の社員をターゲットとしたブランド「フラッツ」の社員寮を、首都圏タギッグ市のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)で開発しており、2019年の開業を予定している。

その他、有力実業家ルシオ・タン氏率いる持ち株会社LTグループの不動産開発部門イートン・プロパティーズ・フィリピンは、香港で高級マンションを社員寮に転用した実績を持っており、フィリピンでも同様の事業を検討中。また、財閥コンスンジ系DMCIホールディングスも、近く専門の合弁会社を設立する予定だという。


関連記事

2018.09.21 NEW
マニラ首都圏のオフィス契約が早くも前年超え、IT・BPM需要がけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティー・コンサルタンツ(LPC)によると、マニラ首都圏の2018年1~9月のオフィススペース新規契約が79万9,653m2となり、17年通年の77万4,957m2をすでに上回っているという。 IT・ビジネス・プロセス・マ...[記事全文]

2018.09.20
フィリピンの上位中所得国入り、来年にも前倒しで実現へ

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、早ければ来年にもフィリピンの1人当たり国民総所得(GNI)が4,000ドル(約45万円)に達するとの見通しを発表した。世界銀行が各国・地域の所得水準に応じて設定している区分において、フィリピン政府は当初、2022年に「上位中所...[記事全文]

2018.09.20
キャピタランドが米国の集合住宅16軒を取得、有望市場と見込む

シンガポールの政府系不動産開発会社キャピタランドは18日、完全子会社のキャピタランド・インターナショナルを通じて、アメリカの集合住宅16軒を、総額8億3,500万ドル(約937億円)で取得したことを発表した。同社がアメリカの集合住宅を取得するのは初めて。 取得したのは、シア...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月11日