海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2017.10.12
富士通がセブに新拠点開設、フィリピン2拠点目

富士通は11日、セブ市中心部のアヤラセンターに、アプリケーション開発などを行う「グローバルデリバリーセンター」(GDC)を開設した。フィリピンでは、マニラ首都圏のボニファシオ・グローバル・シティー(BGC)に次ぐ2拠点目で、日本を中心としたアジア太平洋地域向けに、アプリ開発やシェアードサービスなどを行う。

新拠点の延べ床面積は2,200m2で、従業員は18年3月までに200人の採用を目指す。主要顧客の日系企業からは日本語話者のエンジニア需要が高いため、多言語サービスを提供できる人員の強化を進めており、採用が完了した40人のうち約3割を日本語話者が占めている。

フィリピンGDCの統括責任者、アーリーン・グレゴリオ氏は、「フィリピンの若者はITリテラシーが高く、IT業界の変化の早さや複雑さに対応する能力に優れている」と指摘。「新しもの好きでもあるので、学ぶ意欲も高い」として、新規採用やエンジニアの育成に期待感を示した。


関連記事

2018.09.21 NEW
マニラ首都圏のオフィス契約が早くも前年超え、IT・BPM需要がけん引

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティー・コンサルタンツ(LPC)によると、マニラ首都圏の2018年1~9月のオフィススペース新規契約が79万9,653m2となり、17年通年の77万4,957m2をすでに上回っているという。 IT・ビジネス・プロセス・マ...[記事全文]

2018.09.20 NEW
フィリピンの上位中所得国入り、来年にも前倒しで実現へ

フィリピン国家経済開発庁(NEDA)のペルニア長官は、早ければ来年にもフィリピンの1人当たり国民総所得(GNI)が4,000ドル(約45万円)に達するとの見通しを発表した。世界銀行が各国・地域の所得水準に応じて設定している区分において、フィリピン政府は当初、2022年に「上位中所...[記事全文]

2018.09.18
7月の在外フィリピン人送金額、5.2%増の24億ドル

フィリピン中央銀行によると、7月のフィリピン人海外出稼ぎ労働者(ODW)を含む在外フィリピン人からの送金額(銀行経由のみ)は、前年同月比5.2%増の24億100万ドル(約2,690億円)だった。内訳をみると、家政婦など陸上就労者からの送金額が4.5%増の19億ドル、船員など海上就...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2017年10月12日