海外不動産(ハワイ、シンガポール、マレーシア、フィリピン、タイ、カンボジア、アメリカ)、海外不動産投資、移住、不動産セミナーはフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.06.04
子ども時代が守られている国ランキング、シンガポールが世界1位

子ども支援専門の国際NGO(非政府組織)であるセーブ・ザ・チルドレンは、6月1日の国際子どもの日にあわせて公表したレポート「疎外される子どもたち(The Many Faces of Exclusion)」の中で、「子ども時代が守られている国ランキング(End of Childhood Index)」を発表し、シンガポールがスロベニアと並んで世界1位に選出された。トップ5にはこのほか、ノルウェー、スウェーデン、フィンランドと続き、日本は19位だった。

調査は世界175ヵ国・地域を対象に行われ、「死亡」「栄養不良」「教育を受けられないこと」「児童労働」「早すぎる結婚」「早すぎる出産」「激しい暴力の被害」を子ども時代を奪う7つの要因に設定。そのうえで、「5歳未満児の死亡率」「発育阻害の子どもの割合」「学校に通っていない子どもの割合」「児童労働に従事する子どもの割合」「結婚している少女の割合」「少女の出産率」「紛争により家を追われた子どもの割合」「子どもの殺人被害率」の8つの指標をもとにランク付けしている。シンガポールの指数は1,000点満点中987点で、学校に通っていない子どもの割合は0.1%で世界最低だったほか、結婚している少女の割合も0.4%で3番目に低い水準であるなど、子どもが育つ上で理想的な環境にあることが示された。


関連記事

2018.08.08
ジョホール~シンガポール間の高速輸送システム、敷設事業継続へ

マレーシアのアンソニー・ローク運輸相は、ナジブ前政権時に計画されたマレーシア南部のジョホールバルとシンガポールを結ぶ高速輸送システム(RTS)の敷設事業について、マハティール新政権下でも事業を継続する方針であることを明らかにした。今年5月に新政権が発足して以来、クアラルンプール~...[記事全文]

2018.08.02
Googleがシンガポールに新データセンターを建設、東南アの成長を見据え

米IT大手Googleは1日、シンガポールに国内3ヵ所目となるデータセンターを建設すると発表した。投資額は約3億5,000万ドルで、2020年の稼働を予定している。同社は現在、西部ジュロン・ウエストの2ヵ所にデータセンターを構えており、新データセンターを合わせた総投資額は8億5,...[記事全文]

2018.07.17
4~6月のシンガポールGDP成長率は3.8%増

シンガポール通産省が発表した2018年4~6月期のGDP成長率(速報値)は、物価変動の影響を除いた実質で前年同期比3.8%増加した。セクター別にみると、電子製品や製薬の好調を背景に、製造業が前年同期比8.6%増と高水準を維持したほか、金融・保険、卸売り・小売りの伸びが下支えとなり...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年06月04日