海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2018.12.21
ホテルニッコー、タイ東部の工業団地にホテルを開業へ

ホテルオークラの子会社であるオークラニッコーホテルマネジメントは18日、タイ東部チョンブリ県アマタシティ・チョンブリ工業団地内で、「ホテル・ニッコー・アマタシティ・チョンブリ」を2021年に開業すると発表した。総合建設会社フジタと日本の官民ファンドである海外交通・都市開発事業支援機構が、タイの工業団地開発大手アマタ・コーポレーションと共同で出資して手掛けるプロジェクトで、総事業費は15億6,000万バーツを見込んでいる。

ホテルは13階建て、客室数約250室で、客室標準面積は約32m2となる見込み。ホテル内には日本料理レストランや宴会場、ジム、大浴場などが設けられる予定となっている。また、周辺には商業施設や医療・教育施設なども整備されている。

開発地となる工業団地は、スワンナプーム国際空港から約42km、バンコク市内中心部から約60kmに位置。約750社の企業が進出しており、このうち自動車関連の企業を中心に日系企業が450社以上を占めている。同ホテルは、ビジネス客や工業団地内にあるゴルフ場「アマダスプリング」の利用者などを主なターゲットとしている。


関連記事

2019.06.24 NEW
ASEAN、2034年のサッカーW杯で共同開催を目指す

タイの首都バンコクで23日に開催された東南アジア諸国連合(ASEAN)首脳会議で、ASEAN10ヵ国は2034年に行われるサッカー・ワールドカップ(W杯)の共同開催を目指すことで合意した。 共同開催は、サッカーが国民的な人気スポーツとなっている議長国のタイが...[記事全文]

2019.06.19
ホノルル市議会、違法バケーションレンタルの規制強化案を承認

ホノルル市議会は17日、違法な短期バケーションレンタル(30日未満)を規制する条例を承認した。今回の規制強化によって、合法的に運営されているバケーションレンタルや、ホテル宿泊へのニーズの高まりが予想されている。 新たに承認された条例により、現在816件あるホ...[記事全文]

2019.06.18
阪急阪神不動産、バンコクのコンド開発は計13件・1万戸超に

阪急阪神不動産はタイのデベロッパーであるセナ・デベロップメントと共同で、バンコクのバンスー区とバンコクヤイ区で新たにコンドミニアムを開発すると発表した。同社がタイのコンドミニアム開発事業に参画するのはこれで13件となり、戸数は1万戸を超えた。 バンコク北部の...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2018年12月21日