海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.05.20
世界の有力企業ランキング、フィリピンからは6社が選出

米経済誌フォーブスが発表した、2019年版「世界の有力企業2000社ランキング(グローバル2000)」に、フィリピンから6社がランクインした。同ランキングは、売上高、利益、保有資産、時価総額から総合的に割り出したスコアをもとに、世界61ヵ国・地域の企業から選出している。

フィリピン企業の最上位は、大手財閥SMグループ傘下の商業銀行最大手BDOユニバンクで1018位。以下、SMグループの持ち株会社SMインベストメンツ(1092位)、複合企業大手サンミゲル・コーポレーションの筆頭株主である持ち株会社トップ・フロンティア・インベストメント・ホールディングス(1196位)、大手財閥アヤラ・コーポレーション(1236位)、商業銀行大手メトロポリタン銀行(1639位)、ゴコンウェイ財閥の持ち株会社JGサミット・ホールディングス(1720位)と続いた。

世界首位は7年連続で中国工商銀行(ICBC)で、以下、米金融大手JPモルガン・チェース、中国建設銀行(CCB)、中国農業銀行、バンクオブアメリカ、米アップルと続いた。

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.04 NEW
マニラ首都圏の外出制限が再厳格化、8月18日まで

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏とその近隣州で外出・移動制限措置を、8月4日~18日まで再び厳格化すると発表した。 マニラ首都圏では5月中旬から段階的に制限の緩和が進められており、先月31日には8月1日以降も緩やかな制限が継続される意向が示さ...[記事全文]

2020.07.20
フィリピンが長期ビザ保有者の入国を8月1日から再開へ

フィリピン政府はこのほど、長期滞在ビザ保有者の入国を8月1日から許可する方針を明らかにした。フィリピンでは、新型コロナウイルス感染抑制のため、3月下旬から外交関係者など一部を除き、外国人の入国を拒否していた。 入国が可能となるのは、すでに発給済みで有効期限内...[記事全文]

2020.07.17
駐在員生活費ランキング、シンガポールは世界14位に後退

英人材コンサルティング会社ECAインターナショナルがこのほど発表した、世界の主要都市における外国人駐在員の生活費ランキングで、シンガポールは前年から2ランクダウンして14位(アジア7位)となった。 なお、世界全体・アジアともに最も生活費が高い都市となったのは...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年05月20日