海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.04
住友林業がタイの戸建て分譲事業に参入、バンコク北郊に1400戸

住友林業は5月31日、タイで一戸建て分譲事業に参入することを発表。第1弾プロジェクトとして、タイの住宅開発大手プロパティー・パーフェクト(PF)との共同で、バンコク北郊のパトゥムタニ県に一戸建て住宅と店舗併設型タウンハウスを計1,400戸開発する。

プロジェクト名は「LAKEフォレストリー(仮称)」で、総投資額は約1億9,000万ドル(約205億円)。2020年に販売を開始し、完成は27年となる見通し。間取りは3~4ベッドルーム(延床面積110~230㎡)となり、平均分譲価格は16万2,000ドルを予定している。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.04 NEW
タイ人の英不動産投資が増加見通し、対バーツでのポンド安が追い風

米不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、タイ人投資家によるイギリス・ロンドンの不動産投資が活発化するとの見方を示した。 ロンドンは元々、住宅の供給不足によって高い賃貸利回りと物件価格の上昇が期待できるうえに、タイ人学生の主要な...[記事全文]

2020.07.30
パタヤのコンド需要が拡大、富裕層が避難用に購入

タイの現地メディア、プーチャッカーンはこのほど、東部チョンブリ県のリゾート地パタヤで、高級コンドミニアムの需要が拡大していると報じた。背景には、新型コロナウイルスの第2波に対する警戒感から、国内外の富裕層が避難先として購入していることがあるという。 例えば、...[記事全文]

2020.07.28
米アマゾンがハワイの土地を初取得、ホノルル港至近に

米ネット通販大手アマゾンがこのほど、ハワイ州のホノルル港に近接する14.45エーカー(約58,500㎡)の工業用地を、125万ドル(約132億円)で購入したことが明らかとなった。同社がハワイで不動産を取得するのは、今回が初となる。 購入したのは...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月04日