海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.04
米国務省、ビザ申請者にSNSアカウントの提出を義務付ける措置を開始

米国務省はこのほど、アメリカ入国にあたって査証(ビザ)を申請する際、過去5年間に使用したソーシャルメディア(SNS)のアカウント情報やメールアドレス、電話番号の提出を義務付ける措置を開始した。

これまでこれらの情報は、テロ活動が活発な地域への渡航歴のある人など、一部の人が対象となっていたが、今回の措置によって外交ビザや公用ビザ申請者を除くほぼ全ての申請者が対象になる。

提出するSNSアカウントは、現時点ではTwitterやFacebook、Instagramなど、主要サービスのみが対象となっているものの、ほかのサービスにも順次拡大していくという。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。

ハワイ不動産についての最新情報

ハワイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.31
ジョホール~シンガポール間の鉄道建設再開で合意、26年開通予定

マレーシアとシンガポールの両政府は30日、マレーシア南部ジョホール州とシンガポール北部ウッドランズを結ぶ高速輸送システム(RTS)の建設プロジェクトを再開させることで合意した。 同プロジェクトは、マレーシア側が政権交代に伴う財政支出の見直しの一環として、コス...[記事全文]

2020.07.27
20年6月の米新築住宅販売件数は13.8%増、約13年ぶり高水準

米商務省が発表した2020年6月の新築住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比13.8%増の77万6,000戸となった。歴史的な低金利に加え、新型コロナウイルスの感染拡大を受けて、人口密度の高い都市部から郊外に移り住む人が増えていることが需要を押し上げており、200...[記事全文]

2020.07.20
フィリピンが長期ビザ保有者の入国を8月1日から再開へ

フィリピン政府はこのほど、長期滞在ビザ保有者の入国を8月1日から許可する方針を明らかにした。フィリピンでは、新型コロナウイルス感染抑制のため、3月下旬から外交関係者など一部を除き、外国人の入国を拒否していた。 入国が可能となるのは、すでに発給済みで有効期限内...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月04日