海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.11
ベトナム建設省、年内にもコンドテルの法整備へ

ベトナム建設省はこのほど、天然資源・環境省と進めているコンドテル(ホテルコンド)やオフィステル(宿泊施設付きオフィス)に関する法規制を、年内にも固める方針を明らかにした。

建設省がコンドテルとオフィステルに関連する規制・改正や、これらの不動産管理と運営規定の策定を担当。天然資源・環境省がコンドテル開発の土地利用と住宅の権利付与などに関する法規制を担う。

近年、ベトナムのコンドテルやオフィステルは投資先として注目を集めるなど、市場が急速に拡大しているが、現在のところ具体的な法的枠組みがないことから、法整備を進めることで市場の健全さを保ちたい考え。


関連記事

2019.09.20 NEW
マレーシア最高層ビル、国際金融区「TRX」で来月開業へ

マレーシアの首都クアラルンプール(KL)で開発が進む国際金融区「トゥン・ラザク・エクスチェンジ(TRX)」で、超高層ビル「エクスチェンジ106」が来月開業する。 同ビルの高さは492mにのぼり、現在トップのペトロナス・ツインタワー(高さ452m)を上回って国...[記事全文]

2019.09.18
マニラ首都圏のオフィス需要は25%増、カジノがBPOを抜き最大需要者に

フィリピンの不動産コンサルティング会社リーチウ・プロパティ・コンサルタンツ(LPC)がまとめた最新のレポートによると、マニラ首都圏におけるオフィス需要は前年同期比25.3%増の99万m2となった。 業種別に見ると、オンラインカジノ事業者(POGO)が2.1倍...[記事全文]

2019.09.18
ホーチミン市の集合住宅、過去5年間で50%上昇

不動産コンサルティング会社DKRAベトナムがまとめた調査結果で、2015~19年の5年間でホーチミン市の集合住宅の価格が、高級物件(グレードA)、中級物件(グレードB)、低価格物件(グレードC)の全グレードで50%程度上昇していることがわかった。 同社による...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月11日