海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.11
ベトナム建設省、年内にもコンドテルの法整備へ

ベトナム建設省はこのほど、天然資源・環境省と進めているコンドテル(ホテルコンド)やオフィステル(宿泊施設付きオフィス)に関する法規制を、年内にも固める方針を明らかにした。

建設省がコンドテルとオフィステルに関連する規制・改正や、これらの不動産管理と運営規定の策定を担当。天然資源・環境省がコンドテル開発の土地利用と住宅の権利付与などに関する法規制を担う。

近年、ベトナムのコンドテルやオフィステルは投資先として注目を集めるなど、市場が急速に拡大しているが、現在のところ具体的な法的枠組みがないことから、法整備を進めることで市場の健全さを保ちたい考え。


関連記事

2019.06.26 NEW
高島屋がハノイ郊外の開発事業に参画、第1弾として教育施設を開発へ

高島屋は25日、子会社で商業施設運営を手掛ける東神開発が、ベトナム・ハノイ市郊外の不動産開発事業「スターレイク・プロジェクト」への参画を決定したと発表した。まず地場企業と共同で教育施設の開発を進める。 スターレイク・プロジェクトは、韓国の大宇建設がマスターデ...[記事全文]

2019.06.26 NEW
バンブーエアウェイズがアカデミー設立へ、航空人材を養成・確保

ベトナムの不動産大手FLCグループが全額出資するバンブー・エアウェイズはこのほど、南中部ビンディン省のニョンホイ都市区で建設を計画しているアカデミーの設立について、同省人民委員会の許可を得た。 2022年1~3月期から生徒の募集を開始する予定で、1学年の生徒...[記事全文]

2019.06.25 NEW
ホーチミン市の住宅価格、過去5年は年平均10%上昇

英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナムが発表した最新のレポートによると、2014~18年にかけてホーチミン市の住宅価格は年平均10%の上昇となった。2018年末時点の1m2当たりの平均価格は1,600ドル(約17万1,680円)。クラス別の価格上昇率は、Aクラス...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月11日