海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.25
野村不動産がベトナム現地法人を設立、体制強化へ

野村不動産ホールディングスは24日、ベトナム現地法人「ノムラ・リアルエステート・ベトナム」をホーチミン市に設立したことを発表した。ホーチミン市1区のオフィスビル「サンワータワー」に入居し、7月8日から業務を開始する。同社にとってアジア拠点は、中国・北京、香港、シンガポール、タイ・バンコクに続いて5つ目となる。

野村不動産はベトナムですでに分譲住宅事業を展開し、オフィスビル投資も実施しているが、現地法人を設立して体制を強化し、新規の開発・投資案件への参画に繋げたい考え。

なお、野村不動産は2019年4月に公表した新中長期経営計画において、海外事業を成長分野の一つと位置付けており、2028年3月期までにアジア諸国を中心に、住宅事業・都市開発事業で約3,000億円の投資を計画している。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.04 NEW
タイ人の英不動産投資が増加見通し、対バーツでのポンド安が追い風

米不動産サービス大手のジョーンズ・ラング・ラサール(JLL)はこのほど、タイ人投資家によるイギリス・ロンドンの不動産投資が活発化するとの見方を示した。 ロンドンは元々、住宅の供給不足によって高い賃貸利回りと物件価格の上昇が期待できるうえに、タイ人学生の主要な...[記事全文]

2020.07.30
パタヤのコンド需要が拡大、富裕層が避難用に購入

タイの現地メディア、プーチャッカーンはこのほど、東部チョンブリ県のリゾート地パタヤで、高級コンドミニアムの需要が拡大していると報じた。背景には、新型コロナウイルスの第2波に対する警戒感から、国内外の富裕層が避難先として購入していることがあるという。 例えば、...[記事全文]

2020.07.28
米アマゾンがハワイの土地を初取得、ホノルル港至近に

米ネット通販大手アマゾンがこのほど、ハワイ州のホノルル港に近接する14.45エーカー(約58,500㎡)の工業用地を、125万ドル(約132億円)で購入したことが明らかとなった。同社がハワイで不動産を取得するのは、今回が初となる。 購入したのは...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月25日