海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.25
ホーチミン市の住宅価格、過去5年は年平均10%上昇

英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナムが発表した最新のレポートによると、2014~18年にかけてホーチミン市の住宅価格は年平均10%の上昇となった。2018年末時点の1㎡当たりの平均価格は1,600ドル(約17万1,680円)。クラス別の価格上昇率は、Aクラス(高所得者向け)がBクラス(中所得者向け)とCクラス(低所得者向け)を上回って最大となった。

過去5年間で取引数は年平均44%増加しており、2018年には過去最高の4万9,000件を記録。同期間の住宅市場の成約率は87%で、Cクラスが全体の6割を占めた。また、購入目的はAクラスが投資用、Bクラスが賃貸用、Cクラスが居住用が多かった。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.06 NEW
ユニクロのベトナム1号店がホーチミン市にオープン

アパレル大手ファーストリテイリングは6日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」のベトナム1号店を南部ホーチミン市の中心部に開業する。ユニクロの出店は東南アジアでは6ヶ国目、全世界では25ヵ国・地域目となる。 ユニクロはこれまで、ベトナムを生産拠点として位置付け...[記事全文]

2019.12.05 NEW
ハノイ市の経済成長率、2019年は7.46%の見込み

ベトナム・ハノイ市人民委員会のグエン・ティ・ハン副委員長は、3日に開幕した第15期人民評議会第11回会議で、2019年におけるハノイ市の域内総生産(GRDP)成長率が7.46%(推定)になったことを明らかにした。前年の7.37%から伸びが加速し、過去4年間で最高の経済...[記事全文]

2019.12.04
19年Q3のKL高級オフィス賃料、超高層ビルの一部開業で4年ぶり上昇

英不動産サービス大手ナイトフランクはこのほど、アジア太平洋地域・主要20都市の高級オフィス賃貸市場に関する最新レポートを公表。同レポートによると、2019年第3四半期(7~9月)におけるマレーシア・クアラルンプール(KL)中心部の高級オフィス賃料は、前期比2.1%の上...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月25日