海外不動産の投資・購入、海外不動産セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.25
ホーチミン市の住宅価格、過去5年は年平均10%上昇

英系総合不動産サービス会社のサヴィルズ・ベトナムが発表した最新のレポートによると、2014~18年にかけてホーチミン市の住宅価格は年平均10%の上昇となった。2018年末時点の1m2当たりの平均価格は1,600ドル(約17万1,680円)。クラス別の価格上昇率は、Aクラス(高所得者向け)がBクラス(中所得者向け)とCクラス(低所得者向け)を上回って最大となった。

過去5年間で取引数は年平均+44%増加しており、2018年には過去最高の4万9000件を記録。同期間の住宅市場の成約率は87%で、Cクラスが全体の6割を占めた。また、購入目的はAクラスが投資用、Bクラスが賃貸用、Cクラスが居住用が多かった。


関連記事

2019.08.20 NEW
越不動産大手FLCグループ、中部コントゥム省で高級都市区の開発に着工

ベトナムの不動産開発大手FLCグループは15日、中部高原コントゥム省で高級都市区「FLCレガシー・コントゥム」の開発に着工した。総投資額は1兆7,000億ドン(約78億2,000万円)となる見通し。 同開発では、コントゥム市チュオンチン通り沿いの約18ヘクタ...[記事全文]

2019.08.20 NEW
ワイキキの超高級ホテル「エスパシオ」が9月7日に開業へ

興和ワイキキは9月7日、ワイキキのメイン通りであるカラカウアアベニュー沿いに、高級ホテル「エスパシオ・ジュエル・オブ・ワイキキ」をオープンする。 同ホテルは、元々「アストン・ワイキキ・ビーチサイド・ホテル」として運営されていたものを興和ワイキキが買収し、改装...[記事全文]

2019.08.19 NEW
比不動産大手メガワールド、パシッグ市で新たな住宅開発へ

フィリピンの不動産開発大手メガワールドは、マニラ首都圏パシッグ市で実行中のタウンシップ開発事業「アルコビア・シティ」の一環として、新たな住宅開発プロジェクト「アルコビア・パラッツォ」を進める考えを明らかにした。 同プロジェクトはアルコビア・シティにおける住宅...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月25日