海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.06.27
ラッフルズホテル、22年にセントーサ島で2号店をオープンへ

フランスのホテルチェーン大手アコー・グループはこのほど、傘下にあるシンガポールを代表する高級ホテル「ラッフルズホテル」の同国2号店を、2022年にも南部のセントーサ島に開業することを明らかにした。同ホテルは、シンガポール初のヴィラ(別荘)タイプのみの宿泊施設になるという。

新ホテルの名称は「ラッフルズ・セントーサ・リゾート&スパ・シンガポール」。10万㎡の敷地にプールとテラスが付いたヴィラタイプの宿泊施設61軒を建設するほか、バーやレストラン、フィットネスセンター、会議室なども併設する。客室は1ベッドルームから4ベッドルームまで設けられ、1泊当たりの宿泊料金は最大1万2,000万Sドル(約954,000円)となる予定。

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.21 NEW
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。 ...[記事全文]

2020.01.20 NEW
シンガポールのMRTイーストコースト線、第2期区間が年内開業へ

シンガポールの陸上交通庁(LTA)は17日、地下鉄(MRT)トムソン・イーストコースト線(TEL)の第2期区間を、2020年後半にも開業すると発表した。 第2期区間はスプリングリーフ駅~カルデコット駅までの6駅で、カルデコット駅は既存のMRTサークル線(...[記事全文]

2020.01.20 NEW
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や良好な雇用情勢が引き続き追い風...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年06月27日