海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.10.23
マレーシア不動産大手SPセティア、「セティア・シティ・モール」を拡張へ

マレーシアの不動産開発大手SPセティアとオーストラリアの不動産大手レンドリースはこのほど、セランゴール州シャアラム地区の商業施設「セティア・シティ・モール」の拡張工事を行うことを明らかにした。拡張工事の完了は2020年下半期(7~12月)を予定しており、完工後はシャアラム地区最大規模のモールとなる見通し。

拡張工事には5億リンギ(約130億円)を超える投資が行われ、賃貸可能床面積(NLA)を現状の73万平方フィート(約6万8,000m2)から、約120万平方フィートへと拡大させる。

新たに建設する棟は3つのフロアに150のリテールスペースを設置する予定で、既存の235店と合わせて約385店規模となる。また、駐車場の収容台数も、1,800台分を追加して4,300台にする。

新棟にはアンカーテナントのひとつとして、アラブ首長国連邦(UAE)の小売り大手ルル・グループが運営する、売り場面積15万平方フィートのハイパーマーケット「ルル」が入居。その他、1万2,000平方フィートの子ども用屋内遊園施設も併設する。

セティア・シティ・モールの外観写真
出所:Setia City Mall

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。

・マレーシア不動産の魅力

・マレーシア不動産の最新物件リスト

・マレーシア不動産セミナーの開催日程


関連記事

2021.06.16
中国人のタイ不動産への関心が回復、照会件数はコロナ前上回る

中国の大手海外不動産サイト「居外網(Juwai.com)」を運営する居外IQI(Juwai IQI)によると、2021年第1四半期(1~3月)の中国人投資家によるタイ不動産に関する照会件数は、前年同期比38%増加。2四半期連続で、新型コロナウイルスが流行する前の水準を...[記事全文]

2021.06.15
クアラルンプール、8月にも集団免疫を達成する見通し

マレーシアのムヒディン・ヤシン首相は13日、首都クアラルンプールと行政都市プトラジャヤが、今年8月にも新型コロナウイルスの集団免疫を達成するとの見通しを示した。 アダム・ババ保健相によると、マレーシアでは人口の13%以上が少なくとも1回のワクチン接種を実施。...[記事全文]

2021.06.10
著名音楽プロデューサー長戸大幸氏、ワイキキの商業物件を購入

B'zやTUBE、ZARDなど数々の人気アーティストのプロデュースしてきた、大手音楽プロダクション「ビーイング」の共同創業者である長戸大幸氏がこのほど、ハワイ州ワイキキ中心部にある約4,108sqft(約380㎡)の商業不動産を、476万ドル(約5億2,...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年10月23日