海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.11
ホーチミン市で「サイゴン・スポーツ・シティ」の開発計画が始動

シンガポールの政府系複合企業(コングロマリット)ケッペル・コーポレーションは8日、ベトナム・ホーチミン市の2区で計画している複合開発プロジェクト「Saigon Sports City(サイゴン・スポーツ・シティ)」の起工式を開催した。

同プロジェクトは、ホーチミン市に高品質な都市生活と健康的で活気に満ちたライフスタイルが融合したこれまでにないエリアを創るべく、64ヘクタールに及ぶ広大な敷地を再開発するもので、スポーツ、エンターテインメント、ライフスタイルをテーマにした複合施設のほか、4,300戸の高級住宅、スポーツスタジアム、公園などが開発される予定となっている。

また、セキュリティやアクセスの制御、スマートインフラの制御などに、米IT大手マイクロソフトが提供しているクラウドサービス「Azure(アジュール)」を活用する見通しで、省エネルギーや環境にも配慮したスマートシティになるといいます。

なお、サイゴン・スポーツ・シティの開発は、ケッペル・コーポレーションの不動産開発部門「ケッペル・ランド」と、都市開発部門「ケッペル・アーバン・ソリューションズ」が担当。総工費は5億ドル(約545億円)に上る見込み。

「サイゴン・スポーツ・シティ」開発イメージ
「サイゴン・スポーツ・シティ」開発イメージ
(出所:Keppel Land

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.10 NEW
ベトナムの20年GDP成長率見通しを3%に上方修正、英金融大手HSBC

英金融大手HSBCはこのほど、2020年におけるベトナムのGDP成長率見通しを、従来のプラス1.6%から同3%に上方修正した。一方、今年の経済の落ち込みが当初の想定よりも小さくなると見込む分、2021年のGDP成長率見通しについては、従来のプラス9.1%から同8.5%に引...[記事全文]

2020.07.08 NEW
イオンがハノイにベトナム7号店を出店へ、海外初のオフィス複合型商業施設

イオンモールは7日、ベトナムの首都ハノイ市に同国7号店となる「イオンモール・ホアンマイ」を出店することを発表した。ホアンマイ店は、同社にとって海外初の「オフィス複合型商業施設」となる予定で、2022年下半期(7~12月)の開業を目指す。 建設予定地であるホア...[記事全文]

2020.07.08 NEW
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月11日