海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.22
シンガポールの商業施設「リャンコート」の再開発が決定

シンガポールの不動産開発大手「シティ・デベロップメンツ」と政府系不動産開発会社「キャピタランド」は21日、シンガポール中心部のクラークキーにある商業施設「Liang Court(リャンコート)」を再開発し、新たな複合施設として2024年から段階的に再開業することを発表した。

リャンコートは1984年に開業した歴史のある商業施設で、紀伊国屋書店やスーパーの明治屋など、日系テナントも数多く入居することから、現地の日本人駐在員にも愛されてきた。

今回の再開発は、リャンコートのほか、併設するホテル「ノボテル・シンガポール・クラークキー」と、サービスアパートメント「サマセット・リャンコート・シンガポール」が対象。計画では、1万2,925㎡の敷地に全2棟・約700戸のレジデンス棟や商業施設、ホテル、サービスアパートメント、地下駐車場からなる複合施設を開発する。

ホテルは460~475室を設ける計画で、米ホテル運営大手マリオット・インターナショナルが展開する「Moxy(モクシー)」ブランドとして運営される。また、サービスアパートメント(全192戸)はキャピタランドの子会社であり、世界最大級のサービスアパートメント運営会社でもあるアスコットが、「Somerset(サマセット)」ブランドで運営する。

シンガポールの商業施設「リャンコート」の外観写真
「リャンコート」の外観写真
(出所:Capita Land

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.12.01 NEW
マニラ首都圏エドサ通り、大量輸送バスシステムを整備へ

フィリピンの投資家フランシス・ユセコ氏が率いるトラックウェイ・コンソーシアム(企業連合)はこのほど、慢性的な交通渋滞を緩和するため、マニラ首都圏の幹線道路であるエドサ通りに沿って大量輸送バスシステムを整備する考えであることを明らかにした。 運輸省は提出さ...[記事全文]

2020.11.30 NEW
明治屋のシンガポール旗艦店、ミレニアウォーク内にオープン

日本の高級スーパーである明治屋は28日、シンガポールの中心部の高級商業施設「ミレニアウォーク・ショッピングモール」内に、旗艦店となる「明治屋シンガポールストアー・ミレニアウォーク店」を開業した。 2003年のシンガポール進出時から営業を続けてきたリャンコ...[記事全文]

2020.11.27
20年10月の米新築住宅販売は0.3%減も、06年以来の高水準を維持

米商務省によると、2020年10月の新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比0.3%減の99万9,000戸となった。前年同月比では41.5%増だった。 前月比では6ヶ月ぶりの減少となったものの、過去最低水準にある住宅ローン金利や新型コロ...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月22日