海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.22
シンガポールの商業施設「リャンコート」の再開発が決定

シンガポールの不動産開発大手「シティ・デベロップメンツ」と政府系不動産開発会社「キャピタランド」は21日、シンガポール中心部のクラークキーにある商業施設「Liang Court(リャンコート)」を再開発し、新たな複合施設として2024年から段階的に再開業することを発表した。

リャンコートは1984年に開業した歴史のある商業施設で、紀伊国屋書店やスーパーの明治屋など、日系テナントも数多く入居することから、現地の日本人駐在員にも愛されてきた。

今回の再開発は、リャンコートのほか、併設するホテル「ノボテル・シンガポール・クラークキー」と、サービスアパートメント「サマセット・リャンコート・シンガポール」が対象。計画では、1万2,925㎡の敷地に全2棟・約700戸のレジデンス棟や商業施設、ホテル、サービスアパートメント、地下駐車場からなる複合施設を開発する。

ホテルは460~475室を設ける計画で、米ホテル運営大手マリオット・インターナショナルが展開する「Moxy(モクシー)」ブランドとして運営される。また、サービスアパートメント(全192戸)はキャピタランドの子会社であり、世界最大級のサービスアパートメント運営会社でもあるアスコットが、「Somerset(サマセット)」ブランドで運営する。

シンガポールの商業施設「リャンコート」の外観写真
出所:Capita Land

シンガポール不動産についての最新情報

シンガポール不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2019.12.04 NEW
19年Q3のKL高級オフィス賃料、超高層ビルの一部開業で4年ぶり上昇

英不動産サービス大手ナイトフランクはこのほど、アジア太平洋地域・主要20都市の高級オフィス賃貸市場に関する最新レポートを公表。同レポートによると、2019年第3四半期(7~9月)におけるマレーシア・クアラルンプール(KL)中心部の高級オフィス賃料は、前期比2.1%の上...[記事全文]

2019.12.04 NEW
九州電力が海外不動産開発に初参画、米アトランタで集合住宅

九州電力は3日、アメリカ現地法人「Kyuden Urban Development America」を設立し、ジョージア州アトランタの複合開発エリアにおける賃貸集合住宅開発事業に参画することを発表した。 九州電力が海外の不動産開発事業に参画するのは初。具...[記事全文]

2019.12.03 NEW
マレーシアの住宅購入奨励策「HOC」、累計販売は約180億リンギに

マレーシアのズライダ・カマルディン住宅・地方政府相はこのほど、初めてマイホームを購入する国民を支援するため、マレーシア政府が今年1月から年末まで実施している住宅購入支援策「ホーム・オーナーシップ・キャンペーン(HOC)」の累計販売実績を公表した。 同相に...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月22日