海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.28
マレーシアの新商業施設「KLイーストモール」、20年3月に開業へ

マレーシアの大手複合企業(コングロマリット)Sime Darby(サイムダービー)の不動産部門であるサイムダービー・プロパティーはこのほど、クアラルンプール・タマンメラティ地区で来年3月に新商業施設「KL East Mall(KLイーストモール)」を開業すると発表した。

KLイーストモールは、クアラルンプールの中枢「KLCC」から北東に約8km離れた場所にある約160エーカー(約64万7,500㎡)に及ぶ広大な敷地で、サイムダービーが手掛ける大型タウンシップ開発プロジェクト「KLイースト」の一環として誕生する。

施設は総床面積は120万平方フィート(約11万1,500㎡)、賃貸面積が38万4,210平方フィートに上り、4フロア設けられる商業スペースには約200テナントの入居を予定している。

複合エリア「KLイースト」の開発イメージ
「KLイースト」開発イメージ
(出所:Sime Darby

現在のテナント入居率は75%以上で、高級スーパーマーケット「ジャヤ・グローサー」、屋内ウォールクライミングジム「キャンプ5」、映画館「MBOシネマズ」、スケートリンク「ブルーアイス」、オーストラリアの大手家電量販店「ハービー・ノーマン」などが出店を決めている。

サイムダービーは、KLイーストモールから車で15分圏内に128万人が生活し、総世帯年収は295万リンギ(約7,730億円)に上るなど、近隣は人口密度の高い大きな商圏であることを指摘。また、将来的にビジネス・教育のハブ地となることを目指してKLイーストの開発を進める中、KLイーストモールはその恩恵を最大限に享受できると期待を示しています。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.07.08 NEW
イオンがハノイにベトナム7号店を出店へ、海外初のオフィス複合型商業施設

イオンモールは7日、ベトナムの首都ハノイ市に同国7号店となる「イオンモール・ホアンマイ」を出店することを発表した。ホアンマイ店は、同社にとって海外初の「オフィス複合型商業施設」となる予定で、2022年下半期(7~12月)の開業を目指す。 建設予定地であるホア...[記事全文]

2020.07.08 NEW
マレーシア中銀が政策金利を1.75%に引き下げ、過去最低に

マレーシア中央銀行は7日に開催した金融政策委員会で、政策金利を2.00%から1.75%に引き下げることを決めた。利下げを行うのは4会合連続で、金利水準は過去最低を更新した。 新型コロナウイルスの流行に伴い導入した活動制限令が緩和され、国内経済は回復に向かい始...[記事全文]

2020.07.08 NEW
Airbnb、6月はマレーシア人による宿泊予約が前月比3倍に

米大手民泊仲介サイトAirbnb(エアビーアンドビー)によると、過去30日間(6月29日まで)に同社サイトを通じて行われたマレーシア人による宿泊予約件数は、前月比約2.9倍となった。このうち93%は国内の宿泊先だという。 マレーシアでは、新型コロナウイルスの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月28日