海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.11.28
マレーシアの新商業施設「KLイーストモール」、20年3月に開業へ

マレーシアの大手複合企業(コングロマリット)Sime Darby(サイムダービー)の不動産部門であるサイムダービー・プロパティーはこのほど、クアラルンプール・タマンメラティ地区で来年3月に新商業施設「KL East Mall(KLイーストモール)」を開業すると発表した。

KLイーストモールは、クアラルンプールの中枢「KLCC」から北東に約8km離れた場所にある約160エーカー(約64万7,500㎡)に及ぶ広大な敷地で、サイムダービーが手掛ける大型タウンシップ開発プロジェクト「KLイースト」の一環として誕生する。

施設は総床面積は120万平方フィート(約11万1,500㎡)、賃貸面積が38万4,210平方フィートに上り、4フロア設けられる商業スペースには約200テナントの入居を予定している。

複合エリア「KLイースト」の開発イメージ
「KLイースト」開発イメージ
(出所:Sime Darby

現在のテナント入居率は75%以上で、高級スーパーマーケット「ジャヤ・グローサー」、屋内ウォールクライミングジム「キャンプ5」、映画館「MBOシネマズ」、スケートリンク「ブルーアイス」、オーストラリアの大手家電量販店「ハービー・ノーマン」などが出店を決めている。

サイムダービーは、KLイーストモールから車で15分圏内に128万人が生活し、総世帯年収は295万リンギ(約7,730億円)に上るなど、近隣は人口密度の高い大きな商圏であることを指摘。また、将来的にビジネス・教育のハブ地となることを目指してKLイーストの開発を進める中、KLイーストモールはその恩恵を最大限に享受できると期待を示しています。

マレーシア不動産についての最新情報

マレーシア不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.06.02 NEW
マレーシアとシンガポール、高速鉄道計画の凍結期間を20年末まで延長へ

マレーシアのアズミン・アリ貿易産業相は先月31日、首都クアラルンプールとシンガポールとの間を結ぶ高速鉄道計画の凍結期間を、従来の5月末から12月末まで延長することで合意したと発表した。 同計画を巡っては、2018年の政権交代で首相に就いたマハティール氏が、費...[記事全文]

2020.05.29
マニラ首都圏の外出制限を6月1日から大幅緩和、経済活動再開に軸足

フィリピンのドゥテルテ大統領は28日、新型コロナウイルスの感染拡大を抑止するために実施していた外出・移動制限措置について、6月1日から大幅に緩和することを発表した。 依然として1日当たりの新規感染者数は200人を超えているものの、一定の抑え込みには成功したと...[記事全文]

2020.05.20
シンガポール、サーキットブレーカー措置を来月1日に終了へ

シンガポール政府はこのほど、新型コロナウイルス対策として実施している「サーキットブレーカー」措置を、6月1日で終了すると発表。翌2日から、全3フェーズに分けて経済・社会活動を再開を進めていく方針を明らかにした。 第1フェーズが始動する6月2日からは、製造業や...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年11月28日