海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.02
不動産開発プラウド、タイ初の「インターコンチ・レジデンス」開発へ

タイの不動産開発会社Proud Real Estate(プラウド・リアル・エステート)はこのほど、南部ホアヒンに超高級コンドミニアム「Intercontinental Residences Huahin(インターコンチネンタル・レジデンシズ・ホアヒン)」を開発する計画を発表した。

英高級ホテルブランド「インターコンチネンタル」の名を冠したレジデンスが開発されるのは世界9ヵ所目で、タイ国内では初。

タイ超高級コンド「インターコンチネンタル・レジデンシズ・ホアヒン」計画発表会
「Intercontinental Residences Huahin」計画発表会
(出所:Proud Real Estate

インターコンチネンタル・レジデンシズ・ホアヒンは、ペットカセム通り沿いのビーチフロントに位置する7ライ(1万1,200㎡)超の敷地に、事業費35億バーツ(約127億円)以上を投じて開発。敷地の取得価格は、1ライ当たり1億5,000万バーツで、ホアヒン史上最高額となる。

敷地全体の70%がオープンスペースとなり、エリア内には7,000㎡超の緑豊かな庭園や、美しいプライベートビーチ、全7種のプールなどが併設される。また、ユニットは1ベッドルーム(約45㎡)~3ベッドルーム(約300㎡)まで全238戸が設けられ、分譲価格はホアヒン史上最高額の1㎡当たり20万バーツを予定している。

物件の管理・運営は、英ホテル運営大手インターコンチネンタル・ホテルズ・グループ(IHG)に委託されるため、居住者はインターコンチネンタルグループが提供するコンシェルジュ、ハウスキーピング、ランドリーなどのホテルライクなサービスも享受できる。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.05.29
長谷工コーポ、オアフ島西部の再開発エリアで新たな用地を取得

日本の準大手ゼネコン、長谷工コーポレーションの現地法人Haseko Hawaii Inc.はこのほど、オアフ島西部のエバ地区にある14.79エーカー(約59,850㎡)の土地を取得した。取得価格は非公開となっている。 場所はミウラストリートとレ...[記事全文]

2020.05.27
越不動産開発サングループ、クアンニン省に日本式温泉リゾートを開業

ベトナムの不動産開発会社サン・グループは23日、北部クアンニン省カムファー市に日本式温泉リゾート「陽光温泉(YOKO Onsen)」の第1期開発部分を正式に開業した。 同リゾートは世界遺産ハロン湾から約10km、カムファー市中心部から約15kmの場所に位置。...[記事全文]

2020.05.27
20年4月の米新築住宅販売件数は0.6%増、予想外に増加

米商務省が26日に発表した2020年4月の新築住宅販売件数(季節調整済・年率換算)は、前月比0.6%増の62万3,000戸だった。市場では498万戸程度への落ち込みが予想されていたものの、予想外の上昇を示した。 新型コロナウイルスの影響で前月に2013年7月...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月02日