海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.06
ユニクロのベトナム1号店がホーチミン市にオープン

アパレル大手ファーストリテイリングは6日、カジュアル衣料品店「ユニクロ」のベトナム1号店を南部ホーチミン市の中心部に開業する。ユニクロの出店は東南アジアでは6ヶ国目、全世界では25ヵ国・地域目となる。

ユニクロはこれまで、ベトナムを生産拠点として位置付けてきたが、7%前後の高い経済成長率が続き、国民所得の向上が続く中、消費市場としても有望と判断した。

ベトナム1号店となる「ドンコイ店」は、ホーチミン市1区の商業施設「Parkson Plaza(パークソン・プラザ)」の地上1~3階に出店。売り場の総面積は約3,100㎡で、東南アジアではフィリピン・マニラに次ぐ規模となる。若年層が多い国であるため、幼児・子供向け商品を充実させているほか、子供用のプレイスペースも設置している。

ファーストリテイリングの柳井正会長兼社長は5日の記者会見で、「日本が戦後に急成長したようなことがベトナムでも起こり得る。ホーチミン市は将来パリやロンドン、ニューヨーク、東京のように世界を代表する都市になる」とし、今後のベトナムの発展と市場拡大に期待を寄せた。また、ベトナム国内で100店舗体制を目指す考えで、首都である北部ハノイにも早期に出店する意向を示した。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.04 NEW
マニラ首都圏の外出制限が再厳格化、8月18日まで

フィリピンのドゥテルテ大統領は2日、マニラ首都圏とその近隣州で外出・移動制限措置を、8月4日~18日まで再び厳格化すると発表した。 マニラ首都圏では5月中旬から段階的に制限の緩和が進められており、先月31日には8月1日以降も緩やかな制限が継続される意向が示さ...[記事全文]

2020.07.22
米系ファンドPHILUX、ベトナムの不動産プロジェクトに200億円超を投資

アメリカを本拠とする投資会社PHIグループ傘下の投資ファンドであるPHILUXキャピタル・アドバイザーズはこのほど、ベトナムの上場不動産会社ホアンクアン・コンサルティング・トレーディング・サービス・リアルエステート(HQC)との間で、HQCが手掛ける各案件への投資に関する...[記事全文]

2020.07.17
駐在員生活費ランキング、シンガポールは世界14位に後退

英人材コンサルティング会社ECAインターナショナルがこのほど発表した、世界の主要都市における外国人駐在員の生活費ランキングで、シンガポールは前年から2ランクダウンして14位(アジア7位)となった。 なお、世界全体・アジアともに最も生活費が高い都市となったのは...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月06日