海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.09
阪急阪神不動産、マニラ首都圏郊外で新たな戸建て分譲事業を開始

阪急阪神不動産は5日、フィリピンの不動産開発会社PAアルバレス・プロパティーズと共同で、同国における2つの新たな戸建て分譲事業を開始することを発表した。阪急阪神不動産によるフィリピンの戸建て分譲事業の参画戸数は、今回のプロジェクトを含めて全5事業・4,000戸超となる。

今回新たに開発を行うのは、ラグナ州カブヤオ市の「(仮称)Idesia Cabuyao(イデシア・カブヤオ)」と、ブラカン州サンホセデルモンテ市の「(仮称)Idesia San Jose Del Monte(イデシア・サンホセデルモンテ)」の2事業。

「イデシア・カブヤオ」では、約4ヘクタールの敷地に、戸建て住宅101戸とタウンハウス(連棟式住宅)185戸を開発。総事業費は約5億ペソ(約10.6億円)で、2021年の完成を予定している。

開発が行われるカブヤオ市は、マニラ中心部から南に約30kmの場所に位置し、都心や近隣の工業団地のベッドタウンとして住宅需要の高いエリアで、物件近くには新たに学校や病院、商業施設なども開発される見通しとなっている。

一方、「イデシア・サンホセデルモンテ」では、約16ヘクタールの敷地に、戸建て住宅313戸とタウンハウス1,124戸を開発。総事業費は約26億ペソで、完成は2022年を見込んでいる。

サンホセデルモンテ市は、国内最大の人口を擁する旧首都のケソン市中心部から北へ約20kmの場所に位置しており、ケソン市やマカティ市、オルティガス地区などで働く人が多く生活している。物件近くには、商業施設や市役所もあり、利便性の高いロケーションとなっている。

阪神阪急不動産とPAアルバレスの共同事業契約締結セレモニーの写真
阪神阪急不動産とPAアルバレスの契約締結式典
(出所:阪急阪神不動産

フィリピン不動産についての最新情報

フィリピン不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.09.18 NEW
バンブー航空が29日から国際線を運航再開、11月から日本路線も新規就航

ベトナムの不動産大手FLCグループの子会社バンブー・エアウェイズはこのほど、新型コロナウイルスの影響で運休が続いている国際線の定期便についての、運航再開計画と新規路線の就航計画を発表した。 今回の計画は、先日ベトナム政府が感染リスクの低い国・地域からの外国人...[記事全文]

2020.09.17 NEW
フアヒンの超高級コンド「インターコンチ」、コロナ禍でも販売好調

タイの不動産開発会社プラウド・リアル・エステートはこのほど、南部フアヒンのペットカセム通り沿いで開発を進めている超高級コンドミニアム「インターコンチネンタル・レジデンシズ・フアヒン」(全238戸、2022年完成予定)の売約率が、65%を超えたことを明らかにした。 ...[記事全文]

2020.09.16
越不動産大手FLC、中部クアンチ省の新空港建設に協力の意向

ベトナムの不動産開発大手FLCグループはこのほど、中部クアンチ省ゾーリン郡で政府が検討しているクアンチ空港の建設計画について、事業化調査と建設投資を行う準備があることを明らかにした。 FLCはクアンチ省人民委員会などに提出した文書の中で、空港建設によって国内...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月09日