海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.11
高島屋と清水建設、ハノイの複合ビルを共同取得

高島屋と清水建設は9日、子会社を通じてベトナム・ハノイ市の複合ビル「Indchina Plaza Hanoi(インドチャイナプラザ・ハノイ)」の所有・運営会社である「ハノイ・レジデンシャル&コマーシャル・センター(HRCC)」の持ち分を、2019年11月29日付で取得したことを発表した。

持ち分比率は、高島屋の連結子会社である東神開発が60%、清水建設の連結子会社であるシミズインベストメント(アジア)が40%となる。

インドチャイナプラザ・ハノイは商業・オフィス・住宅から成る複合ビルで、今回両社が取得したのは2012年に完成した商業・オフィス棟。商業・オフィス棟は地上15階建てで、商業部分が1~5階(延床面積24,900㎡)、オフィス部分が5~15階(同17,400㎡)となっている。

ハノイ市複合ビル「インドチャイナプラザ・ハノイ」外観写真
インドチャイナプラザ・ハノイ
(出所:高島屋&清水建設

本ビルは、ハノイ市カウジャイ区のスアントゥイ通りに面しており、空港へのアクセスも良好。2022年末の全線開通を予定しているハノイ都市鉄道(地下鉄)3号線「ハノイ国家大学駅」の建設も行われているなど、新都心化が開発が進む注目のエリアで、近隣にハノイ日本人学校もあることから、日本人駐在員にも人気がある。

両社は今後、互いのノウハウを活用して商業部分のリニューアルを図るなど、物件の付加価値を高めていく方針だという。また、物件取得に伴いビル運営会社も傘下に入るため、同社のノウハウを今後の開発事業に活かしていきたいとしている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.01.21 NEW
比不動産大手メガワールド、イロイロ市でオフィスビル2棟新設へ

フィリピンの不動産開発大手Megaworld(メガワールド)は17日、西ビサヤ地方の中心都市であるイロイロ市・マンドゥリャオで開発中の「Iloilo Business Park(イロイロ・ビジネス・パーク)」内に、新たにオフィスビル2棟を建設すると発表した。 ...[記事全文]

2020.01.20
19年12月の米住宅着工件数は16.9%増の161万戸、13年ぶり高水準

米商務省が17日に発表した2019年12月の米住宅着工件数(季節調整済・年率換算)は、前月比16.9%増の160万8,000戸となり、2006年12月以来、13年ぶりの高水準を記録した。 歴史的な低水準にある住宅ローン金利や良好な雇用情勢が引き続き追い風...[記事全文]

2020.01.17
ハノイにビンユニ大学が完成、越複合大手ビングループ設立

ベトナムの大手複合企業(コングロマリット)Vingroup(ビングループ)は15日、ハノイ市ザーラム群で開発を進めている新街区「Vinhomes Ocean Park(ビンホームズ・オーシャン・パーク)」の一角に建設した、非営利大学「VinUni(ビンユニ)」の落成式...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月11日