海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2019.12.11
高島屋と清水建設、ハノイの複合ビルを共同取得

高島屋と清水建設は9日、子会社を通じてベトナム・ハノイ市の複合ビル「Indchina Plaza Hanoi(インドチャイナプラザ・ハノイ)」の所有・運営会社である「ハノイ・レジデンシャル&コマーシャル・センター(HRCC)」の持ち分を、2019年11月29日付で取得したことを発表した。

持ち分比率は、高島屋の連結子会社である東神開発が60%、清水建設の連結子会社であるシミズインベストメント(アジア)が40%となる。

インドチャイナプラザ・ハノイは商業・オフィス・住宅から成る複合ビルで、今回両社が取得したのは2012年に完成した商業・オフィス棟。商業・オフィス棟は地上15階建てで、商業部分が1~5階(延床面積24,900㎡)、オフィス部分が5~15階(同17,400㎡)となっている。

ハノイ市複合ビル「インドチャイナプラザ・ハノイ」外観写真
インドチャイナプラザ・ハノイ
(出所:高島屋&清水建設

本ビルは、ハノイ市カウジャイ区のスアントゥイ通りに面しており、空港へのアクセスも良好。2022年末の全線開通を予定しているハノイ都市鉄道(地下鉄)3号線「ハノイ国家大学駅」の建設も行われているなど、新都心化が開発が進む注目のエリアで、近隣にハノイ日本人学校もあることから、日本人駐在員にも人気がある。

両社は今後、互いのノウハウを活用して商業部分のリニューアルを図るなど、物件の付加価値を高めていく方針だという。また、物件取得に伴いビル運営会社も傘下に入るため、同社のノウハウを今後の開発事業に活かしていきたいとしている。

ベトナム不動産についての最新情報

ベトナム不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2020.08.07 NEW
「デュシタニ・バンコク」跡地の高級コンド、発売前の内約率が20%超に

タイのホテル大手デュシタニはこのほど、バンコク・シーロム地区のホテル「デュシタニ・バンコク」の跡地で開発を進めている複合施設「デュシット・セントラル・パーク」に併設する高級コンドミニアムについて、発売前の内約率が20%以上に達していることを明らかにした。 開...[記事全文]

2020.08.07 NEW
ベトナムの国際線再開計画、東京含む6都市と週1便を検討

ベトナム運輸省はこのほど、国際線の再開に向け、ベトナムと日本を含む6ヵ国の都市との間を週1便ずつ運航する計画案を提出した。 計画案によると、再開対象はダナン~中国・広州、ハノイ~東京、ハノイ~韓国・ソウル、ホーチミン市~台湾・台北、クアンニン~ラオス・ビエン...[記事全文]

2020.08.06 NEW
越不動産会社サンシャイン、ホーチミン市4区で高級コンド開発へ

ベトナムの不動産開発会社サンシャイン・グループはこのほど、ホーチミン市4区で高級コンドミニアム「サンシャイン・ホライズン」を開発することを正式に発表した。完成は2022年第4四半期(10~12月)を予定している。 トンタットトゥエット通りの2.4ヘクタールの...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2019年12月11日