海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.05.07
タイのセカンドハウス需要、コロナ終息後に拡大か

米系不動産サービス大手のCBREタイランドはこのほど、新型コロナウイルスの終息後に、タイでセカンドハウス需要が拡大するとの見方を示した。

同社は、新型コロナウイルスが流行したことで、「健康志向の高まり」「家族と家で過ごす時間の拡大」「逃避先の確保」「在宅勤務の普及」という4つのトレンドが生まれると予測しており、そのことがセカンドハウスの購入を促進させると見ている。

特に、南部のリゾート地フアヒンでセカンドハウス需要が高まる可能性があると指摘。海沿いの一等地は確保が難しいため物件供給は限定的だが、今後開発競争が加速する可能性があるとしている。

不動産コンサルタントのテラ・メデイア&コンサルティングによると、フアヒンのコンドミニアムの分譲価格は新築で1㎡当たり8万バーツ~14万バーツ(約26万4,000円~46万1,000円)、中古物件で8万バーツ~12万バーツ。賃貸料は月額1万8,000バーツ~3万5,000バーツで、投資利回りは年4.5%~6.5%だという。

タイ不動産についての最新情報

タイ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.04.26
21年3月の米新築住宅販売は20.7%増、中古在庫不足で14年半ぶり高水準

米商務省によると、2021年3月の米新築一戸建て住宅販売件数(季節調整済み)は、年率換算で前月比20.7%増の102万1,000戸となり、2006年8月以来の高水準を記録した。 2月は寒波の影響で販売が落ち込んだものの、歴史的な低金利環境や、新型コロナウ...[記事全文]

2021.04.21
タイ住宅大手アナンダ、コロナ後見据え中国・香港で販売強化

タイの住宅大手アナンダ・デベロップメントはこのほど、新型コロナウイルスの流行収束後に、まず中国と香港の観光客・投資家から受け入れが再開されると見て、両国・地域の顧客への高級コンドミニアムの販売を強化する方針を明らかにした。 中国や香港に富裕層顧客などを多...[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年05月07日