海外不動産の投資・購入、セミナー、物件視察ツアー、海外移住はフォーランドリアルティネットワークへ

ニュース&トピック

ニュース&トピック(詳細)

2020.06.30
20年5月の米中古住宅販売保留指数は44.3%上昇、過去最大の伸び

全米リアルター協会(NAR)によると、2020年5月の中古住宅販売保留指数は、前月比44.3%上昇の99.6となり、統計が開始された2001年以降で最大の伸びを示した。

歴史的な低水準にある住宅ローン金利が引き続き下支えする中、ロックダウン(都市封鎖)の解除が進んだことで、住宅市場が持ち直し始めていることを示唆する内容となった。ただ、ロックダウンで経済活動が停止する前の2月(111.4)は依然として下回っている。

中古住宅販売保留指数とは、売買契約が結ばれているものの、最終引き渡しがまだ行われていない物件を集計し、指数化したもの。アメリカでは中古住宅の売買が成約してから最終引き渡しまでに1~2ヶ月のタイムラグが生じるのが通例で、同指数はより注目度の高い中古住宅販売件数(引き渡し済み物件を集計)の先行指標となっている。

アメリカ不動産についての最新情報

アメリカ不動産についての最新情報は下記リンク先よりご確認ください。


関連記事

2021.05.06 NEW
ハワイ州議会、高級住宅の譲渡税引き上げ法案を可決

ハワイ州議会はこのほど、高級住宅の譲渡税を引き上げる法案(House Bill 58)を可決した。今後、ハワイ州のデービッド・イゲ知事が承認すれば、同法案が施行されることとなる。 今回の法案がそのまま施行された場合、低中価格帯の物件においては税率の変更は...[記事全文]

2021.05.06 NEW
米劇場街ブロードウェイ、9月に全面再開へ

米ニューヨーク州のアンドリュー・クオモ知事は5日、劇場街ブロードウェイを9月14日から全面的に再開することを発表した。ミュージカルの聖地として知られるブロードウェイは、新型コロナウイルスの本格的な流行が始まった昨年3月以降、感染防止のために劇場が閉鎖されていた。 ...[記事全文]

2021.04.30
21年1Qの米GDP成長率は6.4%増、個人消費が伸び3四半期連続プラス

米商務省によると、2021年第1四半期(1~3月)の実質GDP成長率(速報値)は、年率換算で前期比6.4%増加し、3四半期連続でプラス成長を記録した。第1四半期としては、1984年以来の高成長となる。 詳細を見ると、米経済の約7割を占める個人消費が10....[記事全文]

バックナンバー検索

  • ビジネスカテゴリで検索
ビジネス 政治 金融・経済 不動産 生活 その他
  • キーワードで検索

投稿更新日:2020年06月30日